『みみめめMIMI』透き通る歌声とポップなPVの魅力

mimimememimi
mimimememimi

 

『 みみめめMIMI 』はシンガーソングライターの「ユカ」とイラストレーションを担当する「ちゃもーい」の2人組のデュオで、アニメ『君のいる町』のOP『センチメンタルラブ』でメジャーデビューを果たし、独特の世界観とポップなPVのキャラクターで、聴いた人の心に残る深い印象を与える曲が多く、アニメ初心者の方でも是非知っていただきたいユニットです。

 

 

澄んだ声のボーカル「ユカ」は実は声優

ボーカルで、曲の作詞作曲を担当する「ユカ」は、メジャーデビューシングルのタイアップである、アニメ『君のいる町』の登場キャラクター「神咲七海」役で声優「タカオユキ」としてもデビューを果たします。タカオユキさんの声の特徴は、落ち着いて、時には中性的にも聞こえるはっきりとしたもので、「ユカ」として歌うみみめめMIMIの歌声とは違った良さがあります。これまでに同キャラクターのほか、『ブレイドアンドソウル』では主人公のアルカを演じ、『夜桜三重奏~ハナノウタ』や『ノラガミ』などの作品にも出演しています。

この春の新作『山田くんと7人の魔女』では、主要キャラクターである7人の魔女の一人「猿島マリア」を演じるとともに、EDテーマ『CANDY MAGIC』をみみめめMIMIとして歌うことになっています。こちらも楽しみであります。

ポップな世界観を作り出すイラストレーター「ちゃもーい」

みみめめMIMIのミュージックPVやCDのジャケットのイラストを担当するのは、ユカと学生時代に知り合った「ちゃもーい」です。ポップ、キュート、カラフルなデジタルデザインが特徴で、上の『センチメンタルラブ』のPVを見ていただいて分かるように、多色を駆使した幻想的で躍動感のある曲調に合った世界を創り出しています。曲の歌詞をPV中のデザインとして取り入れていて、詩の言葉そのものを視覚的に幻想的な世界観として受け入れることができます

みみめめMIMIとタカオユキの交差するところ

そもそもみみめめMIMIのボーカル「ユカ」が声優のタカオユキさんであることは当初伏せられていました。察しのいい人は気づいていたようですが、みみめめMIMIのライブでタカオユキさん自身がユカとイコールであることを明かしたのです。その過程で何があったのかは、ご自身にしかわからないことですが、はっきりと「正体」を本人から明かしたことにより、曲と作中のキャラクターの声が密接にリンクすることになりました。みみめめMIMIの世界観を声優タカオユキさんが身にまとい、作中での存在として1つの光を放つことになります。もちろん、みみめめMIMIが歌わないアニメにもタカオさんは出演されています。ここでは、違った「タカオユキ」ワールドを魅せてくれることになります。歌手としても声優としても、これからさらに世界を広げてくれるであろうタカオさん、そして、その世界のイメージに大きな役割を果たしてくれるちゃもーいさん、お二人の今後と歌うアニメソング、アニメに期待しましょう。

2015 © Astro Voice All Rights Reserved

引用元: みみめめMIMI公式サイト


※このページは、公開からおおよそ96 アクセスがありました。

ライティング:リンドウ さん

mimimememimi

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。