年末総決算『2014年アニメ』を振り返る!【上半期編】

早いもので、今年も師走がやってきて2014年が終わろうとしている年末となり、社会人の方も学生の方も忙しくされているのではなかろうか。
そこで年の瀬が迫ったこの時期に 2014年アニメ を振り返ってみようではないかと思う。
TVアニメ、劇場アニメ、OVAなどなど今年も多くのアニメが産まれていきました、Google先生によると新作のアニメだけで200本近く制作されているそうです!
今回は上半期編ということで冬アニメと春アニメにスポットを当てて振り返ってみよう!

スポンサーリンク

オリジナル作品が光った『2014年冬アニメ』

スペースダンディ
まずは2014年1月からスタートした『2014年冬アニメ』、昨年からの2クールで継続作品を抜いてみてみるとオリジナルの作品が多いようにみえる。
カウボーイビバップ』のスタッフ達によるなんとも言えないシュールSFコメディ『スペース☆ダンディ』やサンライズの若手スタッフ達が手掛けたフレッシュなロボットアニメ『バディ・コンプレックス』、岡村天斎監督の新作オリジナル作品『世界征服 謀略のズヴィズダー』
山本寛監督が仕掛けたオリジナルアイドルアニメ『Wake Up、Girls!』などのオリジナル作品が光る年の始まりとなった。
オリジナル作品以外では『いなり、こんこん、恋いろは』や『未確認で進行形』など漫画原作の作品も楽しめた冬アニメだった。
また、劇場アニメでは『THE IDOLM@STER 輝きの向こう側へ』が公開しSSAライブ共々、盛り上がりをみせた。

スクールアイドルに心ぴょんぴょんされた『2014年春アニメ』

ご注文はうさぎですか?

年度が変わり、新生活も始まった人が多いのではないかと思う4月の『2014年春アニメ』
やはり一番熱かったのは待望のセカンドシーズンが放送された『ラブライブ!』、そして2015年1月から再放送が決定している、中毒的なOPでみんなの心をぴょんぴょんさせた『ご注文はうさぎですか?』など今でも熱が冷めないファンが多くいる作品がうまれた。
動画サイトで人気を誇ったオリジナル楽曲と派生作品が原作である『メカクシティアクターズ』や、
ジャンプの人気作品である『ハイキュー!』や『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』なども春アニメとして放送された。
そして今年の3月に公開され劇場アニメとしては驚愕の大ヒットを記録した、ありのままでレリゴーな映画はとても有名だが、その裏で今年の春に劇場アニメが公開された京都アニメーションオリジナルの劇場アニメ『たまこラブストーリー』はミニシアターランキングで3週連続で1位を獲得するなど、TV版からのギャップと、恋愛映画としての完成度の高さから話題を呼んだ。

以上が、2014年の冬と春のアニメを振り返ってみた。
案外覚えてる作品から、以外と忘れてしまっていた作品までさまざまだと思う。
次回では夏アニメから秋アニメを振り返ってみようと思う!

©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか?