年末年始は「西尾維新」原作アニメで満喫しませんか?

年末年始の予定はもう決まりましたか?
「いい休みにしたい!」と思っているけどまだ予定が決まっていないアナタ!それなら今回の年末年始は作家・ 西尾維新 原作のアニメにどっぷりつかってみてはいかがでしょうか!?

せっかく時間あるから楽しいものが見たい!と思う方にオススメです!

西尾維新-憑物語

スポンサーリンク

年末は『物語シリーズ』最新作&シリーズ全作一挙放送

物語シリーズとは伝説の吸血鬼に出会った高校生・阿良々木 暦が次々と巻き込まれる怪異譚の物語で、ギャグにバトルに日常シーンにと見どころの多い作品です。

トリッキーな映像制作を得意とする新房監督により、同じくトリッキーな作風である原作が雰囲気を損なわないままアニメ化された傑作シリーズです。

原作は本来長期シリーズを予定されていませんでしたが、人気ぶりから次々と続巻が発刊。そして続編も次々とアニメ化されるという驚異的な人気を誇っています。

そしてこの大晦日、シリーズのファイナルシーズン序章にあたる『憑物語』がついにアニメ公開!そしてそれに合わせてこれまでの物語シリーズすべてが一挙放送されるという太っ腹な放送が決定しました。

他にいい予定がないならこの機会を逃す手はありませんよ!(ページはコチラ

お正月は大河アニメ『刀語』はいかが?

物語シリーズを堪能したあと、「もっとこういうのが見たい!」と思うなら、同じく西尾維新原作のアニメ『刀語』はいかがでしょうか?

katanagatari

原作は「大河ノベル」と呼ばれる歴史ものですが、ライトノベル成分もたっぷり入っているのでエンタメ性も抜群です。それがアニメ化された本作はちょうど「エンタメ系大河ドラマ」といった雰囲気でしょうか。お正月の空気に合う和風アニメでぴったりですよ。

伝説の刀鍛冶「四季崎 記紀」が作った12本の刀を求め、「奇策士とがめ」と刀を使わない剣士「鑢 七花」の一年間にわたる旅の軌跡が描かれます。

道中で出会うそれぞれの刀の所有者達、同じく刀を狙う真庭忍軍、そして暗躍するとがめの天敵・否定姫。いずれも個性的キャラのオンパレードで目が離せない!

幕末を思わせる歴史ものを舞台に、それでもテンポの良い展開とバトル、そしてトリッキーな設定はやはり変わらず「西尾維新」で、視聴者を決して飽きさせません。

そしてラストは意外にも諸行無常感の漂う終わり方で、ここは歴史ものらしいなと思える点です。ぜひラストまで堪能してください!

『刀語』は制作されて時間が経っている上に世間では物語シリーズの方が圧倒的人気なので、レンタル店にいけばわりと全巻残っている掘り出し物です(笑)。お正月休みの一気観には大チャンスです!

どちらの作品もエンタメ性は十分でアナタを退屈させることはありません!なんかおもしろいのないの?と思ったらこれで決まりです!

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。