パワフルで瑞々しい主人公ボイス!声優『逢坂良太』を堪能できるアニメ3選

ダイヤのA

競争率が激しいと言われる声優業界において、ここ2年ほど途切れることなく主人公を演じ続けている若手声優……それが、今回ご紹介する 逢坂良太 さん。

逢坂さんは3月6日に発表された第9回声優アワードで新人男優賞を受賞しており、今後の活躍がますます期待される声優さん。そんな逢坂さんの声を存分に堪能できるオススメのアニメ、ご紹介させていただきます!

『つり球』真田ユキ

つり球
つり球』は、釣りを通して男子高校生たちの成長を描いた青春フィッシング(SF)アニメ。フジテレビ系列ノイタミナ枠で2012年に放送されていたアニメで、逢坂さんが初めて主人公を演じた作品でもあります。
主人公の真田ユキは、口下手で他人とのコミュニケーションが苦手な高校二年生。筆者は逢坂さんをこの『つり球』で知ったのですが、引っ込み思案だったユキが徐々に明るくなっていく様子がアニメ初主演だった逢坂さんと見事にリンク。主人公の成長をひしひしと感じることができる作品です。

『少年ハリウッド』風見颯

少年ハリウッド
去年の夏に前半クールが放送され、今年1月から後半クールが放送中のアイドルアニメ。5人の少年が、アイドルユニット「少年ハリウッド」として活動しながら成長していく物語です。
逢坂さん演じる主人公の風見颯(かざみ かける)は、事務所の社長にスカウトされて何気なくアイドルを始めた高校生。穏やかな性格をした至って普通の少年なのですが、注目すべきは彼の自己紹介。それがこちら。

「君の宇宙は、僕の宇宙。僕の宇宙は、君の宇宙。つまり僕は君に夢中! 夢をカケルよ、風見颯。高校二年生の十七歳です!」

いかがでしょう、この台詞だけでも一度聴いてみたいと思いませんか?(笑)
初めは颯自身この自己紹介に戸惑っており、自宅で秘かに練習を繰り返すのですが、颯が自分の部屋で自己紹介を練習している際に「うるさい!」と妹に怒られるちょっとシュールな場面は必見。

『ダイヤのA』沢村栄純

ダイヤのA
最後にご紹介する『ダイヤのA』は、週刊少年マガジンで連載されている同名漫画のアニメ化作品。素人同然の野球少年が、野球名門校でエースピッチャーとして成長していく姿を描いた作品です。
このアニメで逢坂さんが演じているのは主人公の沢村栄純。お調子者で基本的に騒がしいキャラクターなので、大声で叫ぶシーンも多いのですが、そんな栄純のパワフルさに引けを取らない逢坂さんのパワー溢れる演技には注目です!

 

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」製作委員会・テレビ東京
©King Records. Co., Ltd. All Rights Reserved. / ©ノエルジャパンエージェンシー

(C) tsuritama partners

引用元: TVアニメ「つり球」公式サイト


※このページは、公開からおおよそ298 アクセスがありました。

ライティング:ほか子 さん

ダイヤのA

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント