『あずまんが大王』王道日常系アニメ。「!」を見ると頭に浮かべる

あずまんが大王

最近はアニメの主要ジャンルの一つになった「日常系」。
そのジャンルの中ではそろそろ昔のアニメになりつつありますが、今でも十分な魅力を放っている作品があります。
それが『 あずまんが大王 』です!このアニメの魅力をご紹介します。

日常系アニメだけに、このアニメにはこれといった特別な事件やあらすじはありません。

若干変わってる設定と言えば、登場人物の一人「ちよちゃん」が小学校から高校に飛び級してくるというものですかね?
充分ぶっ飛んだ設定かもしれませんが(笑)。

でもそれ以外に特に変わった設定やあらすじはありません。
女子高生たちのまったりした日常が流れていきます。主要登場人物は6人。それぞれに個性的ながら全体ではバランスのとれた6人です。

この作品を見て、そのまったりした空気にやられる人が続出するのですが、その魅力を改めて説明するのはちょっと難しい…。
なぜなら、登場人物にぶっ飛んだ設定があるわけでもないし、特にこれといったストーリーもありません。
小学校から飛び級してきたちよちゃんというキャラはいますが、この子も飛び級後は普通にクラスになじみ、淡々とストーリーは続いていきます。

この作品は現在主流となった日常系アニメの原点のような存在で、その魅力は今なお衰えていません。
その魅力の正体を考えてみるに、恐らくはキャラクターの個性や配置、絡みの配分が絶妙で、これぞ日常系というような空気感を作れているからだと思います。
『あずまんが大王』以前にこのような「女子高生のただの日常」を描いたアニメ作品というのはありませんでした。

「現実にはいないよなぁ…」とわかっていつつも、「すぐ近所に住んでそうだなぁこの子達…」と思わせるような空気が、この作品によって初めて作られたということかもしれません。
そんな飾らない女子高生達の平和で楽しい日常生活を覗くことで、何となくこっちも楽しい気分になれる。
この作品が持つ魅力というのはそういう温かい空気感なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。