『機動戦士ガンダム』男に生まれたからには一度は見るべきロボットアニメ

機動戦士ガンダム-シャア・アズナブル

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム といえば「ドラえもん」や「ドラゴンボール」に並ぶ有名アニメですが、名前だけしか知らないという人も多いかもしれませんね。
ガンダムというのは一体どういう魅力を持つアニメなのでしょう?
シリーズ化し、たくさんの作品が登場するものではありますが、原点である初代ガンダムの魅力を簡単にご紹介します。

まずガンダムとはどういう内容の作品なのか。
これは実は「戦争モノ」になります。宇宙間の移動もこなせるようになったSF世界における人間同士の戦争を描いたアニメこそ「ガンダム」なのです。
ちなみにこういう設定は以降のガンダムシリーズにも当てはまることが多いですので、「ガンダムってそういうもの」とざっくりイメージしておいてだいたい大丈夫です。

それで、タイトルにもなっている「ガンダム」とは何なのか?
これは「兵器」になります。ガンダムとは「人が乗り込んで操縦する人型兵器」のこと。ざっくりと「大きくて人型の戦車」だとイメージしておいてもOK。

まとめると、ガンダムとは宇宙にまで人が進出した近未来SFな世界で繰り広げられる戦争のアニメだ、ということになりますね。
初めて知った、という人には「意外とヘビーだな…」と感じられるかもしれません(笑)。
そう、戦争モノなのですから、展開は基本ヘビーです。

ヘビーだからこそ、極限状態で繰り広げられる人間の行動や言葉が輝いて見えるのかもしれませんね。
ガンダムにはキャラの名言が多いのはそういう部分もあります。

初代ではまだ幼さの残るアムロと、すでに成熟したオトナの男の色香を放つシャア
対立している両軍それぞれのエースパイロット同士の対決も見逃せません!

そのような「アニメ的な見どころ」だけではなく、現実社会と同じように「どちらが悪い」とは単純には決めつけられない複雑な戦争模様がどういう決着を見るのか。
こういう部分も目を離せないところです。大人であればあるほど楽しめる、それが「ガンダム」というアニメかもしれません。