オタクと言っても人それぞれ。こんなことをする人もいますよー!

男オタ

一部の人はこう言います。「世界は一般人とオタクに二分される」と。
けれど一口に「 オタク 」と言っても、千差万別!キャラクターグッズをたくさん集めて祭壇をつくる種類のオタクもいれば、キャラクターグッズは実用性に乏しいという理由からほとんど買わないオタクもいます。
他にも狭いジャンルをガッツリ深いところまで覗いてこそオタク!という人もいれば、手軽にいろいろなジャンルを渡り歩いてまったり楽しむオタクなど、本当に様々ですよね。
そんな中、私の知人で周囲からも驚かれた行動をとった人がいましたのでちょこっとご紹介!

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!

キャンプなのにそんなものを!?

オタク仲間数人でキャンプに行った時のことです。
普段仕事や学校以外では部屋に引き篭もっていることの多いオタク生活。久し振りのアウトドアで、女性もワイワイと外の空気を満喫しておりました。
そんな中、運転してきた車の中からなにやら巨大なものを取り出す一人の男……。
みんなが川遊びや森林浴に勤しむ中、彼はすべての準備を終えて満足そうな顔で声を張り上げました。
「できたぞー!」と。
キャンプですからね、当然できたのはテントか食事かなんかだと思いますよね!!
でも食事の準備にしては早すぎるし、かと言ってテントというわけでもなさそうだとみんなが戻ると、その場にあったのは!!
発電機!テレビ!ゲーム機!そして某足でプレイするダンスゲームのシート×2!!

キャンプだっつってんのになに持ってきてんの!?

結局みんなでやりました……キャンプなのにめっちゃ楽しくゲーム大会してしまいました……。くやビク状態でした。
まさか野外イベントでこんな事態になるとは誰も思っていなかったので、逆にめちゃくちゃ笑い話になりました。
※ くやビクの意味が分からない18歳未満の人は調べちゃいけませんよ!☆

違う、それ占いに使うやつじゃない

学生時代、タロット占いが流行った時期がありました。
そしてその中で「ちょっと違う占いができる」という子がいまして、私も興味に駆られてちょっと様子を見に行きました。ら。
その子の机に広げられていたのは某☆漫☆画で有名なあのカードでございました。

いやいや、それタロットとかそういうアレじゃないよ!?

でもその子は独自の占いスタイルを作り上げていたのか、そこそこ当たると人気になっておりました。
たまに高笑いしたり変顔したりするのが面白かっただけかもしれないけどね!!

いかがでしょうか、オタクと言ってもいろいろおります。上記の二例は極端な例だと思いますが、実際出くわすとかなり面白いです。
みなさんも楽しいオタクライフ、満喫してくださいね!!

©KADOKAWA CORPORATION 2015


※このページは、公開からおおよそ1,141 アクセスがありました。

ライティング:井之上 さん

男オタ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。