とらドラ!|大人に“なり直したい”ときにみるべきアニメ

大人は本来“成る”ものであって“なり直す”なんてできるわけではありません。ただ大人に必要なことを全て得て成人するのも難しいもので、「 とらドラ! 」はそんなときに何かきっかけをくれるかもしれません。恋をすること、仲間を得ること、素直な自分を認めること、他人との歩み寄りを学ぶこと……。「とらドラ!」には“高校時代”の全てが詰まっています。
とらドラ!

スポンサーリンク

「とらドラ!」とは

偶然から互いの親友を好き同士と気づいた竜児・大河の2人。そんなことろから「 とらドラ! 」のストーリーは始まります。男女の別はあっても、怖そうという誤解で敬遠されることも共通する2人は、ほぼ四六時中一緒にいるような腐れ縁に。しかし少し抜けた所もある2人の恋愛作戦は、いつも空回りとトラブルを巻き起こします。

 

「とらドラ!」の魅力、それは学園ラブコメディーである事

典型的な学園ラブコメディーでもあり、かなりアニメらしい魅力を持った作品です。コミカルな演出は面白く、キャラはとても可愛らしく印象的です。ただそれだけの作品ではなく、高校生なら誰もが抱いたはずの悩みを真摯に描いたところに、この作品の最大の魅力はあるでしょう。周囲の印象と本当の自分が違うとか、友人と好きな人が被ったとか、そういうことを通して成長していく「 とらドラ! 」の主人公たちの姿が、実にみずみずしく描かれています。

 

大人に“なり直せる”?

とらドラ!は単純に学園ラブコメディとして楽しく見ることもできますが、大事な局面での主人公たちの選択や行動、何より思いの丈を叫ぶかのような発言は心に響きます。構成的にも青春時代の心の葛藤の描写を根深く描いてくるので、大人になってから足りなくなった何かに気づくことはあるかもしれません

そんなストーリーで進む「 とらドラ! 」ですので、終盤は涙なしには見られない怒涛の展開で、見たことを後悔することは絶対にないと思いますよ。全25話で少し長丁場ですが、ぜひ見てみて下さい!

(あにぶ編集部/Rスキー)

ABOUTこの記事をかいた人

Rスキー

大学院生をやりつつ趣味でフリーライターなど。アニメは見て楽しむことに加えて、あれこれ考えてみたい人。ちょっと理屈っぽいですが、同好の人にはよりオススメできるかも? 自サイトでは字数気にせずレビュー・考察やってますので、そちらもお願いします。