『パプリカ』夢の世界を探偵したくなる大人向けSF映画

パプリカ

私たちが睡眠中に見ている夢ってありますよね。
その夢の中に、科学技術を使って入り込むなんてコトが可能になる時代は来るのでしょうか?
そんな夢の世界での“夢探偵 パプリカ ”の活躍を描いた、大人向けアニメ映画「 パプリカ 」。

「私の夢が犯されている -夢が犯されていく-」

映画のこのキャッチコピーに、ワクワクした方は必見です。

スポンサーリンク

夢で心理的治療を施す、夢探偵パプリカ

主人公のパプリカ/千葉敦子は、精神医療総合研究所のサイコセラピストです。
研究所が開発した“DCミニ”(夢を共有する装置)を使い、クライアントの夢に入って心理的な治療をします。
物語は、長年の悪夢に悩まされている刑事・粉川の夢に入って夢探偵している所から始まります。
そしてある日、研究所からDCミニが盗まれ悪用されてしまいます。
何者かが他人の夢に勝手に入り込み、悪夢を見させて精神を崩壊させるという事件が発生してしまうのです。 犯人は誰なのか?
夢を犯すテロリストに、夢探偵パプリカは立ち向かいます。
いつしか夢と現実が交錯してしまう世界……。
果たして、パプリカたちは悪夢から抜け出すことが出来るのか?

パプリカ をより楽しむために、ここをチェック!

★同一人物なのに容姿も性格も違う、パプリカ&千葉敦子をチェック

クールでお堅い感じの敦子に対して、自由奔放な感じのパプリカ。
なぜ違うのでしょうか?でもそこに物語の面白味が増しているのです。

★超豪華な声優陣をチェック

・主人公パプリカ&千葉敦子には、ご存じ、林原めぐみさん。
・天才だが巨漢の同僚役に、アムロの声でお馴染みの、古谷徹さん。

その他にも、江守徹さん、山寺宏一さんなど、多数の名声優さんが顔を揃えています。
ここをポイントに見るだけでも、かなり楽しめますね。

★圧巻の芸術的映像をチェック

特に夢の中の世界を描いた映像は、鮮やかで芸術的。まるで動く絵画を見ているようです。
終始、まったく飽きさせない映像はスゴイとしか言えません。

 

国際的な作品になったパプリカ

「パプリカ」は、第63回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品されました。

惜しくも受賞は逃しましたが、数々の映画賞を受賞している作品なのです。
そしてアメリカでも公開されました。

「パプリカ」を観ていると、何となく夢の世界に引き込まれる感覚があります。
そんな世界観を楽しみながら、夢探偵を疑似体験してみるのもいいかもしれませんね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。