みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『美少女戦士セーラームーン』世界中を虜にした元祖戦う女の子!


誕生から20周年を迎え、最新のアニメ技術を用いて7月からネット配信で甦る『 美少女戦士セーラームーン 』。

あれから20年も経ってしまったのか…と自分の年齢を感じながらも、世界中の女の子を魅了したセーラームーンが帰ってくるのは素直に嬉しい。

熱狂的なファンでなくても当時放送中だったアニメやその後のミュージカル展開、世界で広がる人気から漠然とその存在だけ把握している人も多い。放送期間が長かったので、途中で卒業してしまった人もいるだろう。

sailormoon

セーラームーンがどうしてこれほど伝説的な作品になったのか

もともとは本作の5人目の戦士・セーラーヴィーナスこと愛野美奈子が主人公だった「コードネームはセーラーⅤ」をベースに急きょアニメ化企画が進み、そのために作られたのが本作の主人公セーラームーンである。

アニメに先行するように「なかよし」で連載を開始した。 天体に基づいた戦士たちや、ギリシャ神話をベースとしたうさぎとその恋人となる地場衛の前世は、世界中に受け入れられた。

また戦隊モノのようにわかりやすく色分けされ、名前を覚えなくてもそれぞれの戦士たちを即座に把握することができた。魔法少女としてサリーちゃんなどはあったが、女の子が身近な人の命のために傷を負いながら戦うような作品は、画期的だった。

セーラー服をベースとしたミニスカートでアクティブに戦う姿は女の子のみならず、多くの男性もまんまと魅了された。

変身アイテムを掲げて「ムーンプリズムパワー、メイクアップ!」と唱えると、その爪先が彩られ、月野うさぎはセーラームーンに変身する。コスチュームが変わっても、ドジでおっちょこちょいな性格は「うさぎちゃん」のままだ。ウルトラマンのように3分だけ特別な力が出るとか、合体や巨大化して敵を一撃で倒せるわけでもない。

泣き虫な一人の女の子が、仲間の為に、自分が与えられた使命から逃げずに戦うセーラームーンはとにかく気持ちがいい。

 成功の秘訣は声優にあり?

セーラームーンの成功は、入念に仕組まれた企画や原作の竹内直子の作画の美しさも挙げられるが、月野うさぎ役の声優・三石琴乃ありきという意見もある。

おっちょこちょいでちょっと頼りない、でも時折類まれなる意思の強さを見せ、その強さは決して岩のようなものではなく、包み込むように暖かい母性的な強さ。そのすべてを持ち合わせた声だと思う。リメイクされたセーラームーンでは、彼女だけ続投された。

これだけ声優飽和状態の業界でこのような結果になったということは、やはり他は考えられなかったのだろう。

地球規模で配信される「美少女戦士セーラームーンCrystal」

毎週楽しみに待っていたあの頃と同じ「土曜夜7時」。

テレビではなくネットで世界同時配信というのも、世界中にファンを持つタイトルだからこそ、敢えての選択だろう。トレーラーを見てみると、絵柄や主題歌に様々な意見が寄せられているが、三石琴乃の「ムーンプリズムパワー…」の声が耳に入った瞬間、鳥肌が立った。

何度聞いてもゾクリとする。わけもなく人を魅了するパワーとは、こういうものを言うのかもしれない。

ライター:あにぶ編集部 さん

©武内直子・PNP・東映アニメーション ©武内直子・PNP/講談社・ネルケプランニング・ドワンゴ

公式サイト・引用元: 美少女戦士セーラームーン

※このページは、公開から通算で817 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?