SLAMDUNK(スラムダンク) は少年の青春、バスケアニメの金字塔

スラムダンク

一時代を築いたスポーツアニメ、バスケアニメの金字塔『 SLAMDUNK(スラムダンク) 』!

社会現象にもなったアニメです。
あにぶをご覧くださってる方の中には、昔、リアルタイムで見たことがある人も居るのではないでしょうか?
10代の若い世代でもきっと知って居る人は多いはず。むしろ、知らないなんて勿体ない!
男女関係なく、純粋に楽しめるスポーツアニメです。

SLAMDUNK(スラムダンク)

SLAMDUNK(スラムダンク) は2014年、テレビアニメ化20周年

バスケと言って思い浮かべるアニメは?
最近で言えば黒バスですが、『 スラムダンク 』を語らずしてバスケアニメはないと思います。
今年で20周年を迎えます。今から20年前、メジャーではないバスケットボールを題材としたアニメは、予想を遙かに上回る勢いで人気を博しました。それこそ社会現象にもなり、スラムダンクをきっかけにバスケットボールの競技人口が飛躍的に伸びたそうです!
そんなスラムダンクですが、只今公式サイトにて、Blu-ray発売記念に「みんなが決める名台詞」を募集されています。興味がある方は応募してみては如何でしょうか?
ちなみに私が選ぶなら、やはり安西先生の名言!「あきらめたらそこで試合終了ですよ」が一番ですね。
何事も最後まで諦めてはダメなんだと、当時、子供ながらに考えさせられた台詞でした。

SLAMDUNK(スラムダンク) が社会に与えた影響

なんと言っても話題になったのは原作者である井上雄彦氏が立ち上げた『公益財団法人スラムダンク奨学金』です。

2014年度の奨学生の募集は、もう締め切られていますが、毎年募集をされています。
キャッチフレーズにもあるように、高校だけでなく本場アメリカでバスケを学びたい少年少女にとって、この奨学金制度は、多大なる影響を与え続けています。

臨場感溢れる試合シーン。それがSLAMDUNK(スラムダンク) の魅力

アニメの見所と言えば、試合シーンです!
もう20年も前になると言うのに、試合シーンを見る度に高揚感に包まれます。まったく知識がない状態でアニメを視聴したとしても、間違いなく楽しめる作品ですよ。

主人公である桜木花道が、一目惚れした赤木春子のためにバスケ部へ入るところから物語が始まります。ド素人である花道に、バスケ部員は困惑するものの秘めたる才能に気付き、共に全国を目指します。
荒削りながらも才能を開花させていく花道を見て、気付けば一喜一憂してしまう自分が居たりしました。

どんな逆境にもめげず挑む姿勢は、色んなものに通ずるものがあります。
何かにつまづいた時、笑って泣けるスポーツアニメを見て勇気を貰うことも良いかもしれませんよ?

 

https://www.youtube.com/watch?v=NVmTKE32Zd4