『スフィア』4人のカラーが織りなす、ガールズ声優ユニットの魅力

sphere

今や声優さんは演技力以外にも、歌って踊れるマルチなプロモーションを求められるようになってきています。
90年代後半からは声優専門雑誌が刊行されたり、声優さんが個人名義でCDを出したり、ライブを行ったりと歌って踊れる『アイドル化』が急速に進んだ年代でした。
そんな中で、ラジオやアニメのタイアップ企画やアーティスト活動の一環など多くの『声優ユニット』が誕生しました。
最近では若手の声優さんたち同士で組まれた声優ユニットが活用していることが多く、女性声優ユニットだけみても『StylipS』『i☆Ris』『ゆいかおり』『かと*ふく』『everying!』『Wake Up, Girls!』などなど…挙げたのは氷山の一角!とにかく多い! 男性声優のユニットも合わせると一体何組あるんだろうか…

sphere

声優ユニット『 スフィア 』とは-

そんな声優ユニットのひとつである『 スフィア 』は2009年から活動を開始し、2014年に5周年を迎え今なお第一線で活躍するユニットです。
メンバーは結成当時「けいおん!」で人気を誇っていた『豊崎愛生』さん『寿美菜子』さん、「かんなぎ」で主役を演じ、主題歌CDがオリコン週間シングルチャートでトップ10入りを果すなど注目を集めていた『戸松遥』さん、そして「ダ・カーポ」や「true tears」など多くのアニメでヒロインを演じていた実力派の『高垣彩陽』さんの4人によって結成されたユニットでメンバー全員が『ミュージックレイン』という事務所が開催した「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」に合格したまさに『スーパー声優ユニット』なんです。

『天体』や『球形』を意味する『sphere』というユニット名の由来は4人の歌声が円のようにハーモニーを奏でさせるようにとの願いが込められてつけられています。
ユニットのロゴも土星をイメージしており、『ATMOSPHERE』や『Planet Freedom』など曲の共通点に宇宙や星をイメージした曲が作られています。

4人のパーソナルカラーとユニットとしての魅力

スフィアの魅力はメンバーそれぞれが紫、オレンジ、緑、ピンクと別々のパーソナルカラーを持ち、4人がそれぞれ違った持ち味をもっていることにあると感じます。
メンバーはスフィアとしてだけでなくソロでもアーティストとして活動を行っており今や、スフィアのライブではメンバーのソロコーナーを中盤に挟むのが定番となっている。
寿さんのソロは通称『寿ロック』と呼ばれるほどロックテイストが強く、歌っている姿はめちゃくちゃカッコイイ、そしてスフィアのムードメーカー的な存在の戸松さんのソロは明るく元気のある曲が多い。
全体にまったりとした雰囲気を持つ豊崎さんのソロは癒し系といったところか、音大の声楽科出身の高垣さんはオペラを歌いあげるほどの歌唱力を誇る。
そして、この個性も持ち味も違う4人が『スフィア』として一体となったときのパワーもとても魅力的に感じられる。

3月には2月に発売されるベストアルバムとニューシングルを引っ提げて2daysのライブを行うことが決定している。比較的、短命と言われる声優ユニットの中で、5周年を過ぎ今なお声優ユニット界を牽引する存在のスフィア。
ソロ、ユニットとしての活躍にまだまだ期待したい。

©2012 Sphere All rights reserved.

引用元: Pl@net sphere | スフィア official website


※このページは、公開からおおよそ427 アクセスがありました。

ライティング:Uemt さん

sphere

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント