みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『タッチ』「浅倉南」国民的ヒロインという評価の裏表

雑誌でもテレビでもいいですが、“恋人にしたい”・“結婚したい”だなんてランキングが作成されたとき、必ず上位に食い込むキャラがいます。そう、それは『タッチ』に登場する 浅倉南 です。

ただ少し前の作品ということもあり、名前は知っているけどどんなキャラかは実は知らない、そんな方も多いかもしれません。というわけで今回は、この浅倉南について紹介しつつ、その魅力の裏表についても語ってみたいと思います!

タッチ

健気で純真なマネージャー

『タッチ』スポーツ漫画の転機を示す作品でした。努力・友情というスポ根の精神を継ぎつつも、現実的な野球の描写に力を置き、より青春を強調したところにその特徴があります。そして青春と言えば恋愛であり、そのキーパーソンとして登場したのが浅倉南というわけです。

浅倉南は主人公:上杉達也の幼馴染で、お隣さんというか柵なし・はなれに共同勉強部屋ありと、もはや家族のような関係です。美人でスタイルが良く、気丈で優しく気立ても良いと、放っておいても元気でいてくれそうなタイプですね。押し切られて始めた新体操では、インターハイ優勝を狙える実力があり、一芸も持った女性でもあります。

だというのに達也のことがより重要で、様々な困難に際して彼が立ち止まりかけた時、献身的にその背中を支えました。健気でそして純真なマネージャー。全ての夢追いかける男性にとって、浅倉南は絶対的な魅力を持っていると言えます。

男を翻弄する小悪魔か、過剰な虚構か

しかしこの浅倉南、実は強烈に批判されるキャラでもあります。達也には双子の弟がいるのですが、南に強く好意を抱いていて、序盤からアプローチを重ねています。しかし南は達也への想いを胸に秘めており、そのアプローチをかわし続けるのです。他にも多くの男性に南は好意を持たれますが、それに気づきながら正面から相手をしないところを、少なくないファンに攻撃されています。

またそれ以上に疑問視されている点は、浅倉南というキャラが現実的か否かです。もちろん漫画ということで現実ではないわけですが、多くの男性が憧れるという点で、それが現実的かは妥当な論点でしょう。果たして南ちゃんは誰もが憧れるヒロインなのか、それとも性悪な小悪魔なのか、はたまた男の欲望の結晶体に過ぎないのか。自分の答えを探してみたい人は、ぜひ作品にふれてみてください。

ライター:Rスキー さん

© あだち充 / 小学館少年サンデーコミックス刊

公式サイト・引用元: タッチ

※このページは、公開から通算で291 ページビューを獲得しています。
スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?