みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『アナ雪』『マーニー』にも通ずる少女達の愛情と意識革命『少女革命ウテナ』


近年、少女同士をメインに据えた作品がヒット、話題になり続けている。
「アナと雪の女王」では愛を、「思い出のマーニー」では一人の少女の心の成長を、「マレフィセント」では母性愛を描いているが、そのすべてに通じる作品がある。それが『 少女革命ウテナ 』だ。

少女革命ウテナ

少女の愛が少女を救う

『少女革命ウテナ』は、過去に出会った王子様憧れ、自身も王子様になりたいと願う少女「天上 ウテナ」と、エンゲージした者に「世界を革命する力」を与えることができる薔薇の花嫁として、賞品のように扱われる少女「姫宮 アンシー」を主軸に展開される。

アンシーは優しく淑やかに振る舞うが、深く踏み込むことも踏み込ませることもせず、本質的に心を閉ざしてきた少女だ。賞品として、薔薇の花嫁として生きてきたために、そうあるべきと自身に課した部分も多い。
そんなアンシーは、氷の魔法を使えるがゆえに人と一線を画し、自分を恐れていた「アナ雪」のエルサと近いものがある。

一方ウテナはといえば快活に見えてもその実、自分の殻を破ることができずに足踏みしている少女だ。過去に出会った王子様に憧れ、懸命にアンシーの王子様たろうと努力する。
過去の記憶に縛られていると言ってもいい。だがそのせいで、大きな後悔を生むこともある。
そんなウテナは、過去恋人に裏切られた経験に縛られ、後悔に苛まれることになる『マレフィセント』の主人公、マレフィセントに似ている。

そんな二人は、出会い、友人として過ごし、打ち解け、そしてすれ違い、裏切りもあり、やがて互いが互いの中の決定的なものを確変する。
描かれている時間の長さは違いこそすれ、この部分は『思い出のマーニー』のアンナ、マーニーに通ずる。

少女達の愛

なぜ今になって少女同士の友情、もしくはそれ以上の愛情にスポットが当たっているのか。

このウテナにしろ、話題の三作にしろ、彼女達にとって世界は決して美しいものではない。
身近な場所で数多く巡る嘘を、恐怖を、詐偽を、不安を、強欲を、支配を、阻害を。苦しむがゆえに狭くなってしまう視野の中は、紛れもなく彼女達にとって己の世界そのものだ。

だからこそ少女達の想いは美しく映える。男同士の友情ではなく、女同士の友情でもなく、少女の愛情とはただそれだけで清らかさを感じさせてくれるテーマでもある。

不安にさせる事件やニュースが起こる昨今、少女達による想いの相互連鎖が清涼剤となる。狭まった視野を開き、卵の殻を破る彼女達をあなたも見つめてみるのはどうだろう。

ライター:あにぶ編集部|井之上 さん

(C)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京 (C)1999 少女革命ウテナ制作委員会

公式サイト・引用元: 少女革命ウテナ

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?