『WORKING!!』五月病にかかったらひとまず見てみるべきアニメ

WORKING!!

長い休みの後は、仕事なんか行きたくない。
今日は仕事やすんじゃおうかな……

こんな風に考える事ありますよね?
そんな沈んだ気分のときにオススメしたいアニメが、今回ご紹介する『 WORKING!! 』です。
working

ようこそ、「ワグナリア」へ!

このアニメ『 WORKING!! 』の舞台は、架空のファミレス「ワグナリア」です。この「ワグナリア」で、とあるきっかけで働く事になった主人公の「小鳥遊 宗太」。

ですが、小鳥遊くんの受難はここから始まったのです。

『 WORKING!! 』に登場する個性的な面子

「ワグナリア」で働く面子は、とても個性的な人ばかりです。

元スケバンの店長、行方不明の妻を捜して日本中を飛び回るマネージャー、常に帯刀している人、どうみても小学生にしか見えない先輩、極度の男性恐怖症の少女などなど……バラエティーに富んでいます。

とくに、男性恐怖症の「伊波 まひる」は男性に近づかれると殴り倒すという壊滅的な癖があり、小鳥遊くんは毎回、まひるの餌食となっています。

通りすがりに殴られて吹き飛ぶ小鳥遊くんの姿は、「ワグナリア」の名物(?)かもしれません。『 WORKING!! 』はこんな個性的な面子でストーリーが進んでいきます。

『 WORKING!! 』が表現するもの、『それでも働く理由』

こんな環境で働いているのなら、ふつうは「辞めよう」や、「行きたくない」と考えるものです。ですが、小鳥遊くんはバイトを辞めません。店長に週7日のシフトを組まれても辞めませんでした。

これには、小鳥遊くんが「ワグナリア」で働く事になったきっかけが関係しています。

日々、理不尽を感じながらも働く小鳥遊くん。ですが、強い意志を持ち、初志を貫く姿は視聴者に勇気(という名の笑い)をくれることでしょう。

今日で連休終わっちゃう……そんな沈んだ気持ちも、このアニメを観て笑えば、いつの間にか吹き飛んでいるかもしれません。『 WORKING!! 』には見ているものに働くための元気を与えてくれます。

あなたも「ワグナリア」に来店し、働く気持ちを思い出してみませんか?

(あにぶ編集部/おはぎ)

ABOUTこの記事をかいた人

おはぎ

記事書いたりシナリオ書いたりしているただの雑魚ライター。暇さえあればゲームかアニメ観ているヲタク。日常系などの現代が舞台の作品が好みでロボットものはちょっと苦手。アイマスが大好物。