『弱虫ペダル』対称的な2人のスプリンターの魅力に迫る!

10月より好評放送中の『 弱虫ペダル 』は、自転車に青春を燃やす男子高校生たちの物語。
これまで自転車競技とは無縁の生活を送っていた筆者ですが、アニメを観ることでほんの少し知識が身についたような気がしています。(気がするだけ)

この作品に触れるまで、選手それぞれにオールラウンダーやクライマーなどのタイプが存在することすら知りませんでしたが、近ごろ気になっているのが平坦コースで力を発揮するスプリンタータイプの選手。
そこで今回は、総北高校と箱根学園の中から2人のスプリンターに注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

大阪出身の派手好き少年・鳴子章吉

弱虫ペダル・鳴子章吉
主人公・坂道の友達である鳴子は、目立つことを信条としている総北の1年生スプリンター。

体重が軽い方が有利とされるクライマーとは違い、一般的に大柄でがっしりした体格の選手が多いスプリンターの中では、少々異質な存在である鳴子。その小柄な体格のせいもあってロードバイクに乗り始めた当初は結果を出せずにいましたが、諦めずに5年もの間努力し続けた鳴子は中学2年の時に見事初勝利を収めます。

鳴子の過去を知った時には、“速いのが一番派手で目立つから”という理由だけでこんなにも努力できるなんて……!と感動を覚えたものですが、「一度決めたら何が何でもやり通す!」という男の意地もあったのかもしれませんね。……カッコイイなあ。

パワーバー常備の好青年・新開隼人

弱虫ペダル・新開隼人
箱根学園最速の称号であるゼッケン4番を背負うエーススプリンター、新開。人当たりがよく誰に対しても好意的で、箱学の“精神的支柱”とも言われている新開は、いつも、何かを食べています。

レース中、栄養補給にパワーバー
大事な勝負の場面にパワーバー
温泉に浸かりながらパワーバー。(※アニメ4話のCパートより)

無論、新開はただの食いしん坊ではなく、周囲から「箱根の直線鬼」と恐れられるほどスプリンターとして秀でた選手なのですが、いつも何かをもぐもぐしていたり仕留めたい相手にバキュン☆ポーズ(※画像参照)を向けたりと、とにかくネタには事欠かないお方です。

原作未読組は気になる! 今後の展開

体格に恵まれず努力によって後天的に能力を開花させた鳴子と、先天的な才能に恵まれながら一時は自転車に乗れなくなるほど深い心の傷を抱えてしまった新開。

タイプが異なる2人のスプリンターの活躍から、今後も目が離せませんね! ヒュウ!