オタクのお金の心理:1万円があれば、服を買うより漫画だよね!

家賃、食費、光熱費、被服費、通信費…

生活するための支出って本当にいっぱいあって、通帳の残高を確認するたびに思わずウンザリしちゃいますよね。

きっと誰もが「生活費はできるだけ抑えたい」と思っているハズです。

その中でも、いわゆるオタクと呼ばれる人たちは一段とその思いが強く、ひどく切実であるような気がします。

なぜなら私たちオタクには、無限にお金をかけられる(かもしれない)ほど好きなモノがあるから!

スポンサーリンク

オタクのお金の心理:オタクの金銭感覚とは、ちょっと狂ってるかもしれませんが、でもそれらが好きなんです!【切実】

1万円あったら買うのはTシャツ?それともフィギュア?

オタクの金銭感覚についてはこちらの記事でも述べていますが、オタクがお金をかけるモノといえば、アニメのBD&DVDボックス、ゲーム、キャラクターグッズなどが代表的です。

中でも特に多くの人がお金をかけているのが漫画
月に漫画を2~10冊程度購入、金額に換算すると約1000~5000円が月々の平均と言われていますが、中には1万円以上を漫画に費やす人も。

休日、同年代の人たちが流行のショップでショッピングする傍ら、オタクたちはいそいそとアニメイトに出かけていきます。
パンピーに「1万円のTシャツ買ったんだよね」と言われても、オタクは正直「1万円の服買うくらいなら漫画20冊買うわ!」と心の中で思っていたりするものです。

ブランド物のバッグにお金を使うより、好きな漫画やキャラクターに貢いだ方が有意義!

ちょっと狂っているかもしれませんが、それがオタクの『金銭感覚』です。

オタクのお金の心理には気をつけなきゃ…でも止まらない!

収入やお小遣いのすべてを趣味に費やすのはさすがに「危険が危ない」ですが、使う金額の上限を決めているオタクもいます。

かといって「今月は新作がいっぱい出るから予算オーバー…!」という月ももちろんあるでしょうし、それをガマンするのが難しい気持ちもよーくわかります。それこそがオタク心理!

そんな状況になったら、あとはもう己との戦いです。
今買うべきか、今じゃなくても大丈夫か、それとも涙をのんでガマンするか…オタク心理が葛藤を繰り返します。
ここまでくれば、まさに、究極の選択ですね。

好きなものにお金をかけたいがために寝る間も惜しんで働いたり、はたまた安い物件を探したり、食費を削ったり。
日常生活の質は下がるかもしれません。しかし、粗末な日常に甘んじたとしても、新しいフィギュアやアイテムをコレクションに加える時の快感は、何物にも代えがたいものがあります。

オタク趣味を満喫するのも、案外命がけですね…!オタク心理恐るべし。

ヲタクのお金の使いかた。ヲタクの金銭感覚をのぞいてみる