みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

『ゆゆ式』ヘンテコなノリが生み出すユルユル空間


ゆゆ式

中学生や高校生の頃、気心のしれた仲間と、よくよく考えてみると全くもって意味も他愛もない、刹那的な言葉のやり取りをした覚えはないだろうか?
擬音や仕草だけで意思の疎通ができたり、仲間内でしか通じない謎のワードを交わしたりする……仲がいいからこそ可能な、おバカなやり取り。

そんな奇妙でバカバカしいカタチの以心伝心を、アニメとして楽しめるのがこの『 ゆゆ式 』だ。

言外の会話とイタズラの応酬

今作の主役は野々原 ゆずこ、櫟井 唯、日向 縁の仲良し三人組だ。学校でも放課後でも、三人はいつも一緒。

彼女たちのやり取りは、ひと筋縄ではいかない。
ただただフツーの世間話をしている最中でも、時にはイタズラ好きなゆずこが、時には天然気味の縁が、ボケともなんとも言えない一言やイタズラを挟みこんでいく。
もちろんやり取りはそこで終わらない。むしろそれがキッカケとなって、おバカでユルユルな会話の蛇行がはじまっていくのだ。

内容自体はなんとも中身のない、軽~いものばかり。あまりに中身がないので、いざ見終わってみると、彼女たちが具体的にどんな話をしていたか、あまり覚えていないことのほうが多い(笑)
しかしそこに独特の間を持たせた演出や、細かな仕草まで描き出す作画、声優陣の自然な演技のハーモニーが加わると、なんとも言えない面白さがふっ、と生まれてくる。

新鋭スタジオ・キネマシトラスと、三人の新人声優

『ゆゆ式』のアニメ制作を担当するのは2008年に設立された新鋭スタジオ・キネマシトラスだ。
大々的な注目こそされてはいないが、先に書いたように、今作『 ゆゆ式 』では“女の子”の仕草を繊細に作り出す作画と、絶妙な間を作り出す演出で魅せてくれる。

また、主演を張る新人声優・大久保瑠美、津田美波、種田梨沙の三人にも注目したいところ。
主人公であるゆずこ、唯、縁の仲睦まじい関係を、ワザとらしすぎない、ほどよく自然な演技によってうまく表現してくれている。
実際にいちど見てみれば「この『 ゆゆ式 』という作品は彼女たちの演技あってこそ!」と実感できるはずだ。

女子高校生の“本当”の日常を知りたい人、は、このアニメを見るといい。他の日常系作品とは一味違った癒しを、じんわると感ずることができるだろう。

ライター:あにぶ編集部|あにぶ編集部 さん

©三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部

公式サイト・引用元: ゆゆ式

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?