風都探偵 フィリップ

「風都探偵」第3話は、ロード・ドーパントの直接対決から始まりました。
今回も懐かしい要素満載の「風都探偵」。振り返りつつ、感想を記していきます。

懐かしい要素その1・挿入歌は風都探偵版実写OP曲

裏風都で逃げ回るロード・ドーパントを追いかける仮面ライダーW。その時にバックで流れる曲が、『W-G-X 〜W Goes Next〜』です。

実写版「仮面ライダーW」の時のOPテーマ曲『W-B-X ~W-Boiled Extreme~』をアレンジし、詞も少し変えてある「風都探偵」バージョンとなっています。制作陣も、作詞:藤林聖子、作曲:鳴瀬シュウヘイ、歌:上木彩矢 w TAKUYAと、全てその時と同じ布陣となっています。

この曲を聴くと、「お~、Wだ~」と思えるくらいには耳になじんでいる曲です。

ちなみに翔太郎とフィリップが仮面ライダーWに変身した姿を見たトキメに「あれ…何がどうなってるの?と訊かれた亜樹子ちゃん。「原理はよくわかんないんだけど…フィリップ君の魂がメモリと一緒に翔太郎君と合体しちゃってるのよ」と答えてるので、W放送終了後も、その辺の仕組みって解明されていないようです。

懐かしい要素その2・ルナ・ジョーカーの伸びる腕

最初に実写で見た時の、びよ~んと伸びる腕に衝撃を受けたと同時に、ちょっと気持ち悪いと思ったのは「すまんかった」と思っています。
今回も人質になりそうになったトキメをかばい、ルナの腕をびよ~んと伸ばして、ロード・ドーパントに「それは…俺の右腕だ」と言い放つ翔太郎。ルナは人質対策によく効きますね。

あと、この時にげきを飛ばす亜樹子ちゃんが、なつかしのツッコミ道具緑のスリッパを振り回してるのも懐かしい要素ですね。ちなみに「処せ」とスリッパに書いてありました。今後、どれだけ種類が出てくるのかも楽しみです。

懐かしい要素その3・「風都探偵」でも割れる

何が割れるかというと、仮面ライダーWの体が割れてズレるんです。これは実写版の時から最後のキメ技の時に採用されていた演出です。アニメではどうなるのかなと思っていましたが、見事に割れました。

メモリブレイクしてロード・ドーパントは消滅。メモリ使用者は警察に逮捕されました。
解決したかと思った今回の事件ですが、翔太郎が「罪を数えなきゃいけない人間がまだ一人…残ってるぜ」とつぶやきます。
筆者はトキメちゃんか?と思いました。ドーパントではなかったけど、追剥しちゃってるしなーと。

ところが!実は罪を数えなければならなかったのは、今回の依頼者!

ずっと取り戻したがっていたカバンの二重底になった部分から、なんとメモリが見つかります。依頼者は、カバンではなく、このメモリを取り戻したかったのです。警察に届けなかったのも、メモリ不法所持で捕まると困るから。だから、メモリ関係の事件に強いと噂の鳴海探偵事務所にやってきたのです。
しかし、翔太郎がなかなかトキメを捕まえられない為、焦った依頼者は、1・2話に登場したヤクザにも依頼をします。
翔太郎はヤクザの言った「魔女も三流探偵もその鞄もみんなきれいに始末しといてやる」という言葉と、都合よく公園に現れたことで依頼者が怪しいと気づいたのでした。

美しい翔太郎の涙

え、トキメじゃなくて翔太郎の方?と思った方もいらっしゃるでしょうが、依頼者を諭す翔太郎が流した涙は、アニメの作画がキレイなことと相まって、本当にきれいだったんですよ。作画がキレイなアニメって良いよね。

と、キレイだなー、カッコいいなー翔太郎~と思っていたのに、そのあと、警察に連れていかれる直前のトキメにキスをされてゆでだこのようになってしまう翔太郎。やっぱりハーフボイルド~と笑ってしまいました。

懐かしい要素その4・タイプライターの報告書

こうして事件が解決し、翔太郎のモノローグで今回の事件の報告書が作成されているシーンが映ります。
これも実写版の時からの懐かしい要素です。翔太郎は、PCでもワープロでもなく、タイプライターを使いローマ字で報告書を作っているのです。なぜ、ローマ字。後から読むの大変な気がするのですが、タイプライター打ってる時のあの音がカッコいいとか思ってそうですよね、翔太郎。

さて、トキメちゃんですが、亜樹子ちゃんの旦那さん・照井の権限で、亜樹子ちゃんが身元引受人となり、鳴海事務所で働くことになります。翔太郎の助手になると宣言するトキメちゃん。翔太郎の家に押しかけ、ベッドを占領するトキメちゃん。
この辺は日朝では無理ですね。
据え膳食わずに事務所に逃げ込んできた翔太郎。亜樹子ちゃんにからかわれるも、フィリップは、それをいさめます。曰く、
「左翔太郎は悪女と惹かれ合う。そしてその結末の多くは悲劇だ」
あ~…とTVの前で思わず声を出した方は多いはずです。トキメちゃんとは、この翔太郎のジンクス、破ってほしいなぁと願います。

そしてトキメを探す謎のオーロラ・ドーパント

鳴海事務所がワチャワチャしてる一方で、裏風都では謎の人物がオーロラ・ドーパントになって、トキメを探しています。フィリップの懸念通り、裏風都はなくなっていませんでした。そしてトキメはひょっとすると裏風都の人間なのか?という謎を残して、今回は終了です!

ちなみに、このオーロラ・ドーパント、ツイッターで「ペプシマン」と言われてて笑いました。

もう一つおまけ。本当は照井さん登場予定だったのですが、カットになったそうです。照井さ~ん、早く見たい~!
監督さん曰く初登場時はサービスしてくれるらしいです。サービス期待して待ってます。

これぞ仮面ライダーW!「風都探偵」第2話/あにぶ関連コラム

「風都探偵」公式サイト

風都探偵 フィリップ
最新情報をチェックしよう!