太陽工業 R/C UH-1輸送ヘリコプター【陸上自衛隊バージョン】レビュー

最近、おもちゃやネットオークションで販売されている低価格のラジコンをご存知だろうか?10000円以下で販売されているものが殆どで、ゼロ戦や月光、 ジャンボジェットまで幅広いラインアップが揃っている。車のラジコンなどは小生が小学生の頃ブームで”タミヤRCカーグランプリ”などをよく見ていたもの である。が、当時の航空モノなラジコンはウン十万円するのが常識で、とても高額な”ハイクラスの大人”のアイテムだった。

先日、近所のジョーシンへマグライトの電池を買いに行ったところ、おもちゃのコーナーに”UH-1”の文字が目にとまりました。『なんだなんだ』と近寄っ てみると”陸上自衛隊仕様””守りたい人がいる。自衛隊”のロゴまでもが入った気合満点のBOX。そして小生の金銭感覚をマヒさせる低価格”4150円” のプライスシール。迷う事なく購入してしまいました。とりあえずマグライト用の乾電池は中止します。地震よこないで!

まずはおうちに帰って箱を開けてみる。ヘリ本体は発泡スチロールでできているのでとても軽い。塗装は陸自カモの雰囲気がよく出ていると思う。ただ価格が価格なのでデティールについては”雰囲気はよくできている”といったところだろうか。

さあ、飛ばしてみようか

電源は充電式で、本体に内臓されいる充電地に充電する。5分程で充電は完了し、早速初飛行!とその前に説明書をよんでおかなくては・・・。読み進め るとなんとこのヘリコプター”ホバリング専用”との事。つまり上下にしか動かんということなのだ。エレベータのラジコンか!と不平不満を口にしながら飛ば してみる事にする。

ローター始動!ウィンウィウィウィ ウィィィィ と回転音が高くなったかと思うとなんなく空中に浮いた。スロットを上げていくとドンドン高度を上げていく。空中を自由に飛び回る事ができない モデルとはいえ、すごくワクワクする。さすが入門機と銘打つ事だけの事はある。『今度は自由に飛び回るやつほしいなー』と思ってしまう。

実際に飛んでいる姿はVTRで見て頂くとして、飛ばしたその後のお話。高度を上げすぎたのか電波が届かなくなって無残にも墜落。実機ならば操縦士乗員全員死亡の大惨事である。機体は大きく割れ、2度と安定した飛行は出来ない体になってしまった。残念。

墜落時の損傷で先頭部分が壊れてしまった

低価格で非常に面白いが・・・

小生の場合は2時間でジャンクになってしまった。その2時間は十分に充実したものだったので高いとは思わないが、壊れると気持ちもボディもとてもヘコむ。たのしい時間をありがとう!UH-1。

■気になった問題点

  • 旋回ができない(上昇下降の2アクションだけ)
  • ボディの強度
  • 電池の消費が激しい

太陽工業のサイトには、他の航空機やヘリ、装甲車などのラジコンも紹介されているので見てみるといい。最近では旋回も可能な低価格ヘリの販売をあるようだ。今後のラインアップに目が離せない。


 

収集データー

 本製品データー実銃データー
名  称UH-1輸送ヘリコプター【陸上自衛隊バージョン】
メーカー大陽工業株式会社
主要材質発砲スチロール及び合成樹脂、電子部品
銃身長465mm
全  長
重  量160g
口  径
初  速
パワー値
照準具
パワーソース電  池
給弾方式
発射速度
発売日不明
撮影日2005年10月5日
購入店Joshin
実売価格4,150円(消費税別)
ポイントスター
★★★☆☆
タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

この記事のライティング担当:こんちゃねさん

最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG