「鬼平犯科帳」誕生50周年を記念して初のアニメ化が決定

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

時代劇でおなじみの、作家・池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」が、誕生50周年を迎えることを記念してアニメ化が決定。

鬼平

「鬼平犯科帳」は、江戸の世の悪を取り締まる徳川幕府の火付盗賊改方。その長官、長谷川平蔵。人呼んで鬼の平蔵の活躍を描いた痛快時代小説で、ドラマや舞台など実写作品ではおなじみの作品だろう。

アニメ版のティザービジュアルでは、長身でモデル体型の平蔵の姿が描かれており、ドラマ版で数々の役者が演じてきたごつく渋いイメージとは一新された現代風のビジュアルとなっている。

アニメ版のスタッフには、「BUZZER BEATER」「ルパン三世 GREEN vs RED」の宮繁之監督。キャラクターデザインも宮監督が担当している。
放送時期などはまだ未定だが、果たしていったいどんなアニメに仕上がるのだろうか。

(C)オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会