子供向け作品の祭典!キネコ国際映画祭2016のコンペディション結果が発表!

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

11月2日から6日にかけて行われたキネコ国際映画祭2016&TIFFにおいて、11月6日にコンペディションの結果が発表となった。各部門のグランプリ受賞作品は下記の通りとなっている。

 

海外長編作品部門「犬どろぼう完全計画」

海外短編作品部門「リラのスケッチブック」

日本長編作品部門「ちえりとチェリー」

日本短編作品部門「きつね憑き」

 

このコンペディションは実写・アニメ・CGなど全てのジャンルにおいて「子どもたちに観て欲しい」「子どもたちが観るのにふさわしい」「大人も子どもも一緒に楽しめる、大人が子どもたちに観せたい」と思う作品、という募集規定にて行われており、実写やアニメーションが入り混じるバラエティ豊かな結果となった。

キネコ国際映画祭公式サイト>http://www.kinder.co.jp/index.html

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。