BLEACHの久保帯人先生、手紙の差出人捜索をTwitterで呼びかける

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

アニメ・原作漫画ともに大好評のまま終了した超人気作『BLEACH』。その原作者である久保帯人先生が、2016年11月17日にTwitterでした発言が話題になっています。それは「BLEACH終了から3ヶ月」というタイトルの漫画の投稿でした。

漫画は「やり残したことがある」という先生の語りから始まります。漫画の内容は久保帯人先生が連載中体を壊してしまった時にもらった、一通の手紙に関するお話。それは闘病中の男の子からの手紙で、差出人の名前や住所は何も書かれていないというものでした。少年は余命を告げられ苦しんでいた頃、『BLEACH』に出会いました。そして、『BLEACH』から再び生きる力をもらったという内容の手紙です。

けれど、この手紙が届いた頃、彼は既に亡くなっていました。

久保帯人先生は彼へお礼を言いたいと漫画の中で記し、彼に関する情報の提供をお願いしています。どんな些細な情報でもいいのでということで、メッセージを送るための投稿フォームも用意されています。

ジャンプで人気連載中の剣戟バトルアクション「 BLEACH 」のオリジナルアニメストーリーを楽しもう!