「ストラトス・フォー」など制作のアニメ制作会社スタジオ・ファンタジアが破産開始

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

「ストラトス・フォー」「君が望む永遠」「ナジカ電撃作戦」など数々のアニメ作品を代表に持つアニメ制作会社スタジオ・ファンタジアが、11月16日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けたようだ。

スタジオ・ファンタジアは1983年の設立以来、ビデオやテレビ番組、ゲーム用など様々なアニメーション制作を行なってきた会社。近年は受注の低迷により資金繰りが悪化し、事業規模の縮小などを行なってきたが、今年の夏頃には事業を停止していたようだ。負債総額は債権者約50名に対して約1億9000万円とのこと。

東京商工リサーチ(有)スタジオ・ファンタジア:http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20161124_01.html

『ストラトス・フォー』ミリオタ向け作品の原点ではないだろうか?

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。