家族からの経済的援助を受けながら働くアニメーターが半数以上である調査結果をAEYACが発表

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

NPO法人若年層のアニメ制作者を応援する会(通称AEYAC)が2016年度「AEYAC若年層アニメーター生活実態調査」の結果の速報版を公式サイトにて発表した。厳しい労働条件下で働いているとされる若年層アニメーターの労働実態・生活実態に関する本調査では、153名におよぶアニメーターを対象に、労働条件、奨学金返済の状況、居住形態、通勤時間などについてインターネット調査を行なったそうだ。今回の速報では調査結果のポイントとなる部分についてのみが報告されており、調査全体の結果は来年2017年2月に報告書の形で発表される。

今回の調査結果では、全体の35%である実家暮らしの者全員が「主な家計支持者ではない」(※=世帯の主たる稼ぎ手ではない)と答え、さらに実家ぐらしではないが仕送りを受けている者が18%居ることから、回答者の全体の53%が家族からの何らかの経済的援助がある中で働いていることが明らかとなっている。

NPO法人若年層のアニメ制作者を応援する会公式サイト:http://aeyac.org/

アニメーターたちへ捧げる作品『 ロボット カーニバル (ROBOT CARNIVAL) 』レビュー

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。