アニメ『 のらみみ 』の不思議なほっこり空間で少年時代へ

かつて誰もが憧れた居候キャラクター生活を共にし、日常を愉快に演出してくれる愛すべき異分子たち。そんな居候キャラクターが世間に溢れかえる時代の物語。まるでドラえもんのような、よく見ると全然そうではない映像と共に、このナレーションが流れ始まるアニメ『 のらみみ 』。

頭からびっくりさせられるこの作品は、パロディギャグアニメではなくほのぼの日常ストーリー。ぶさ可愛いともいえる愛すべきキャラクターたちを中心とした物語です。

「そんなアニメが面白いのか」と言う方も多いと思いますが、実は笑いあり涙ありのとても深い作品なんです。ビッグコミックスピリッツ増刊『IKKI』(現・月刊IKKI)にて連載していたこの作品の魅力をご紹介したいと思います。

アニメ『 のらみみ 』のテーマは「出会いと別れ」

子供のいる家には”ドラ⚪︎もん”のような、家庭に居候し子供達と遊ぶ”居候キャラクター”が当然のようにいる世界が舞台となっています。その”居候キャラクター”は「居候キャラ紹介所」と呼ばれる仲介所を通して派遣され、子供達の元へとたどり着きます。

その居候キャラ紹介所の一つである、「ハローキッズ59号店」に居候しているのがこの作品の主人公である「のらみみ」。

「のらみみ」は”にくカワイイ”と呼ばれるようなキャラクターで、口癖が「チェッ」っと性格に難あり。子供の家に居候がしたいので一生懸命アピールするも貰い手が見つからず、仕方なく紹介所に居座ることに。

そんな「のらみみ」の周りで起こる様々なキャラクターたちのハートフルドラマなんです。

日常を彩る『 のらみみ 』の居候キャラクター

居候キャラクターはそれぞれ変わった特徴や欠点があり、居候先が見つけられなかったり、子供たちを巻き込んで様々な事件を起こしたりします。物忘れが激しく居候先を忘れてしまうキャラクターや、河童をモチーフにしたキャラクターの為すぐ川に流されて失踪してしまうキャラクター。ロボットタイプのキャラクターは壊れてしまったりもします。

そんな事件を子供たちと乗り越えていくドラマこそがこの作品の魅力なんです。

このアニメは基本的に一話完結となってますので、特に注目の回をご紹介したいと思います。

のらみみを語るには欠かせない「ドッタリ君」

上記で紹介した物忘れが激しい妖怪タイプのキャラ。ズタブクロというものを持っており大切なものをその中にしまうという特徴があります。とてもバカなキャラですがなぜか愛しい、何度も出てくる準レギュラー的ポジション。

「のらみみ」の居候先である「ハローキッズ59号店」で働いている「半田」という社員の元居候キャラクター。居候中突然失踪し、その謎を解くために「半田」はキャラ紹介所に就職しますが、アニメ第5話「半田オリジナル」にて再会を果たします。

「半田」の誕生日プレゼントを探すために出かけ、帰り道を忘れ、居候先も忘れていたドッタリ君が一生懸命「半田」を思い出すというシーンはとても感動的です。

アニメオリジナル「のっぺりサムデイ」

病院生活が続く40代の男性の話。まだ居候キャラというものが家庭に普及していない時代に、居候しよく遊んだ「サム」のことを夢に見る毎日。だが、どうしても二人で決めた合言葉を男性は思い出せません。

つらそうな男性を見かねた妻が、「ハローキッズ59号店」に「サム」の捜索を依頼します。奇跡的な再会で男性が合言葉を思い出すシーンは、子供の頃楽しかった思い出はいつまでも忘れることはないということを教えてくれます。

男性ならきっと共感してしまう「魔女っ娘メリィーちゃん」

「キャラは子供の元にしか居候できない」というルールがあり、中学生になる少年が別れを経て少し大人に成長する瞬間を描いた回。男なのに居候キャラが魔女っ娘ということをクラスメイトにいじられ、意識し避けてしまう少年。嫌われていると勘違いしているメリィーとの別れの時が近づきます。恥ずかしくて素直になれない少年に、メリィーが告げる隠し続けていた秘密、最後に見せる特大魔法には涙腺崩壊必至です。

かわいくてポップなキャラクターが送る、愉快で切ない物語。

あなたの子供の頃の思い出はなんですか?

アニメ『 のらみみ 』は全編を通して「日常」が重要なテーマになっています。現実的ではない外見の個性的なキャラクターが、人間よりも人間臭く描かれているところに注目しています。そして個性的やキャラクターが私達に見せてくれるのは、友情であったり、信頼であったり、21世紀では「陳腐」になりつつあるものばかりです。このアニメ『 のらみみ 』を見ていると、子供の頃大切にしていた気持ちを思い出させてくれます。

あなたのあの頃の友達は元気にしていますか?

アニメ『 のらみみ 』をぜひ、一度ご覧ください。

癒されること間違いなし!?のんびり新米魔女のちょっと不思議な日常を描いた『 ふらいんぐうぃっち 』

タイトル のらみみ
監督 原作(原一雄)/監督(湖山禎崇)
放送期間 第1期:2008年1月9日
主な声優 加藤奈々絵、白石 稔
製作会社 トムス・エンタテインメント
その他の情報 部日本放送、毎週水曜25:45

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。