フルCG長編アニメーション映画 『バイオハザード:ヴェンデッタ』 本予告映像全世界初解禁!!

この度、『バイオハザード』シリーズ、フルCG長編アニメ映画最新作 『バイオハザード:ヴェンデッタ』の本予告映像を、22日(木)24時より、 YouTube KADOKAWAanimeチャンネル、公式HPなどで全世界初公開いたします。

本予告映像では、ゲームファン待望のレベッカ・チェンバースや、 バイオテロの首謀者グレン・アリアス、そして最凶の敵の姿が初解禁!  さらに、人気キャラクター・クリスとレオンが初タッグを組み、ニューヨークで発生する 大規模テロ事件に挑む本作にご期待ください。

また、本作の監督を務める辻本貴則監督からの予告映像への熱いコメントも届きました。

【辻本監督コメント】

スタッフ一同“バイオ愛”をたっぷり詰め込み、精魂込めた『バイオハザード:ヴェンデッタ』が いよいよ完成間近。「おおっ、マジか」とダジャレをこいてる場合ではない…… 遂に予告編が解禁である。しかも音楽は川井憲次氏の新曲で、 多少のネタバレも全く気にしないというスタッフ渾身の予告編!  「ああそうさ、本編の面白さはこんなもんじゃないぜ!」といかにも監督っぽい 強気のコメントとともに……さあ、とくとご覧あれ!

『バイオハザード:ヴェンデッタ』 のストーリー

対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。

事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。

再会を果たした二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴み、その策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。

●エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ 
●監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』 
●脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』 
●音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
●原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
●製作:マーザ・アニメーションプラネット
●配給:KADOKAWA
●公式サイト:http://biohazard-vendetta.com/ 
© CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年5月27日(土)公開

ゾンビアニメ おすすめまとめ。ゾンビハザードのアニメ8作品+α|2016年度版

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。