今からでも一発理解!「 Re:ゼロから始める異世界生活 」のストーリー

私が今回紹介させていただくアニメはRe:ゼロから始める異世界生活です。他のライターさんも書かれていると思いますが、「超簡単!Re:ゼロから始める異世界生活のストーリー」して、ストーリーの要点をまとめてみました。「 Re:ゼロから始める異世界生活 」を知らない人が、一発でこのアニメを雰囲気を掴んでもらえたらうれしいです。

簡単な「Re:ゼロから始める異世界生活」ストーリー

まずはこのアニメの大まかなストーリーから紹介させていただきます。引きこもりの高校生菜月スバルはコンビニへ行った帰りに誰かの手によって異世界の八百屋の前へと召喚されてしまいます。

そこでは亜人やエルフ、人間など様々な種族のものが暮らしており、異世界へと召喚されたスバルはゲーム世界のような感覚に心を躍らせながら歩みを進めることにしました。

そして、その旅路の途中にスバルはゴロツキに襲われ危機一髪のところを銀髪のハーフエルフのエミリアに救われます。スバルは助けてもらったお礼にと、何か困っていることは無いかとエミリアに尋ねると大事なものを盗まれたので探し出して取り戻して欲しいと頼まれます。実はスバルには盗んだ相手の心当たりがあり、その盗んだ相手のあとを追うことに決めたのです。様々な人に尋ねてまわり、その相手の居場所である盗品蔵を突き止めたスバルとエミリアでしたが、そこに入ると日が沈んでいるのにも関わらず、明かりはおろか、人の気配さえしません。

薄れゆく意識の中で、スバルはなにを見るのか?

スバルは気になり、エミリアには合図があるまで入らないように伝え、ランタンを手に盗品蔵の中へ入りまわりを照らして見るとそこにはなんと男の死体が転がっていたのです。そして、聞いたことのない女の声に反応したのもつかの間、スバル突き飛ばされ、身体を見て見ると腹部を切り裂かれていたのです。その音に気づいたエミリアが盗品蔵に入って来るのを止めようとしますが、薄れゆく意識と痛みが邪魔をして声が思うように出ないのです。

そして、なにも知らず入ってきたエミリアもスバル同様腹部を切り裂かれ倒れてしまうのです。そして、スバルの意識も段々となくなっていき、気がつくと召喚された際に立っていた八百屋の前に再び立っていました。スバルは不思議に思い八百屋の男に尋ねてみるも、スバルのことを見たのは初めてだと言われるのです。そして、その後もゴロツキに同じ場所で同じように襲われるのです。そして、スバルは様々な仮設をたてた上で、1つの答えにたどり着きました。

自分は1度死んでタイムリープしているということにです。以上が1話目の大まかな内容で、このアニメのストーリーの重要なポイントです。

分からない方に簡単に説明しますと、主人公の菜月スバルが様々な壁にぶつかり、何度も死にながら何度も生き返り、問題を解決していくストーリーとなっています。ここがちゃんと解っていないと、「Re:ゼロから始める異世界生活の」の面白さは伝わりません。

タイムリープなのはよく分かった。それと、かわいくも特徴のある女の子達も必見ですよ!

そして、その経験のなかで、様々な苦しく悲しい思いをしながら、人として成長していく場面が多々描かれています。そして、私のおすすめポイントとしては出てくるヒロインのキャラクターが全てかわいいことです。メインのエミリアをはじめ、裏ヒロインとの呼び声高いレムなどたくさんの女の子が出てきますが、どの子もかわいいので、1度は見ていただきたいです。

もちろん、ストーリーの面白さも保証できるシロモノです。正直、見ていて共感してしまい、見ている私もストーリーに感情移入しすぎて、主人公同様に苦しく悲しい思いをすることもあります。

しかし、その分とは言ってはなんですが、そんな頑張っている主人公をどこかでヒロインの誰かが優しく手を差しのべるのです。このスバルがヒロインに助けてもらったときの感動は尋常ではありませんでした。とくに第18話のレムは見た1つならばきっと、メインヒロインにしてあげて欲しいと思ってならないことだと思います。

ここには書ききれない見どころはいっぱいです

その他の見どころもたくさんありますが、見れば見るほど、見どころが増えていき、毎週の放送がとても楽しみでした。私の感想は以上ですが、見たことのない方はだまされたと思って1度リゼロを見ることをおすすめします。

筆者:どぶろくや八兵衛

『なろう系』と呼ばれるアニメのオススメ作品「 Re:ゼロから始める異世界生活 」

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。