TAAFコンペディションの長編部門ノミネート作品が発表!海外のレアアニメが上陸!

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

東京アニメアワードフェスティバル2017のコンペディションのノミネート作品と各種上映時間が公式サイトにて公開となった。

注目の長編部門ノミネート作品では、スイス、フランス、トルコなどの下記の日本未公開作品が選出された。

 

・ズッキーニと呼ばれて(My Life as a Courgette)

・バッドキャット(Bad Cat)

・エイプリルと奇妙な世界(April and the Extraordinary World)

・手を失くした少女(The Girl Without Hands)

これらの作品が会期中に一般上映されると同時に本審査が行われる。世界的に高評価を受けているものの、日本で全国上映されない作品なども多々選出されている同賞のノミネート作品ということで、いずれも貴重な上映となりそうだ。

東京アニメアワードフェスティバル2017公式サイト:http://animefestival.jp/ja/

【リレー企画】今だからこそリメイク・リバイバル希望作品!「 機動戦艦 ナデシコ 」

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。