東京アニメアワードフェスティバル第3プログラム発表! 聲の形、ガルパン、最遊記外伝などがラインナップに追加!

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

2017年3月10日(金)から3月13日(月)まで東京・池袋にて開催を予定している東京アニメアワードフェスティバル2017の第3弾プログラムが発表となった。

アニメオブザイヤーの映画部門を受賞した「聲の形」や、アニメオブザイヤーのセレクション上映として「ガールズ&パンツァー劇場版」、また新作が控える最遊記シリーズから、OVA「最遊記外伝」スペシャル上映、アニメ功労部門顕彰記念の松本零士スペシャルとして「インターステラ5555」などの上映が発表された。

また、昨年中国で大ヒットとなった中国アニメ映画「ビッグフィッシュアンドベゴニア」の上映や、アニメ100周年記念プログラムとして、TVアニメにとってターニングポイントとなる70年代に焦点を絞った特集上映「アニメーション大国の誕生~アニメーションが“アニメ”になった時代」や古典無声アニメーションを、人気声優とのコラボレーションで蘇らせる試みの「ライブ!!無声アニメーション」など、東京アニメアワードフェスティバルらしい貴重なプログラムにも注目だ。

いずれのプログラムも発表と同時にチケット販売を開始している。

東京アニメアワードフェスティバル公式サイト:https://animefestival.jp/

『聲の形』青春の“切なさ”と“残酷さ”をリアルに描いた話題作

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。