『交響詩篇エウレカセブン』劇場三部作で映画化決定! 特報映像も公開

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

2005年に放送され、2009年に劇場アニメ化もされたアニメ『交響詩篇エウレカセブン』。2012年には続編となる『エウレカセブン AO』も放送されました。本作のTVアニメをベースに劇場版3部作として映画化されることが決定しました。

発表にあわせて特報映像第1弾とティザービジュアルも解禁。

『交響詩篇エウレカセブン』は、ボンズ制作のオリジナルロボットアニメ。

スカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚のような大地が地表を覆い、目に見えない未知の粒子トラパーの波が大気中を漂う、とある惑星を舞台に、軍に追われる反政府部隊『ゲッコーステイト』の一員になったレントンと謎に包まれた少女・エウレカの2人が織り成す物語。

サマー・オブ・ラブという本編より過去に起きた物語の起点となる大災害。
今回の劇場版では「すべての始まり」と言われながら、その詳細が明かされることのなかった出来事が描かれるという。
また、すべてのセリフを再構築し、新作映像と再撮影された新たな映像で構成される。

さらに、今回の劇場版用にドイツのテクノユニット・Hdfloorが新曲を提供することも決定しました。

第1部は2017年内に公開、第2部、第3部はそれぞれ2018年、2019年内に公開予定です。

公式サイト:「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」公式サイト
©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE

アルドノア・ゼロ の魅力は、今までのロボットアニメとの相違点にある?

ABOUTこの記事をかいた人

Uemt

アニメと声優さんと野球が大好きです。 土日はどっかの声優イベントに絶賛出没中。 愛するキャラはメガネキャラ。 駆け出しライターですどうか暖かい目でお守りください。