永井豪さん作家活動50周年記念『劇場版 マジンガーZ』第1弾ビジュアルが公開

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

永井豪さんが原作の往年のロボットアニメ『マジンガーZ』。本作の最新劇場版のティザービジュアルが公開となりました。

『マジンガーZ』は、1972年に「少年ジャンプ」で連載され、リメイクなども含めこれまで何度もTVアニメ化されたスーパーロボットの礎的な作品。

公開されたビジュアルは、まるで当時のアニメを彷彿させるかのようなモノクロのビジュアルに、「それは、神にも悪魔にもなれるーー」というキャッチコピー。

今年は永井豪さんの作家活動50年目という節目の年ということで、おなじく永井豪さんが原作の『デビルマン』がリメイクされるなど、永井豪作品への関心が高まる年になりそうだ。

また、3月26日にアニメジャパンで、声優の森久保祥太郎と茅野愛衣がトークゲストとして登壇するプロジェクト起動記念イベントが開催予定

公式サイト:「劇場版 マジンガーZ」公式サイト
(C) 永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

知っておきたい『リアルロボット』と『スーパーロボット』の違い[その1]