小説『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』がアニメ化決定 プロモーション映像も公開

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

今なお愛される超人気ロボットアニメ『ガンダム』。本シリーズの最新作『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』発表されました。

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』は、アニメーション制作会社・サンライズがオリジナルノベルを展開するWebサイト「矢立文庫」で連載中の小説が原作の作品。

『機動戦士ガンダムUC』の『ラプラスの箱』をめぐる事件後、U.C.0096年を舞台に、サイコ・フレームの影響で落下を防いだというアクシズの誰もいないはずの基地内で新型「ガンダム」の強襲を受けることになるといったあらすじ。

アニメ化にあたっては、サンライズ所属のアニメーター・金世俊さんが監督をつとめ、ストーリー/コンセプトデザインは『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』『蒼き鋼のアルペジオ』などで知られる漫画家・Ark Performanceが担当する。

正式な放送媒体や放送時期はまだまだ未定ですが、6月より公式アプリ「ガンダムファンクラブ」にて独占先行配信が開始されるとのこと。

公式サイト:『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』公式サイト
(C)創通・サンライズ

機動戦士ガンダム SEED DESTINY における人種と思想