『BLAME!』。連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け待望の劇場アニメ化!

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

講談社『アフタヌーン』にて1997年から2003年に連載され、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉氏のデビュー作『BLAME!』。

人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いたSF漫画の金字塔。

今なお世界中のクリエイターを魅了し続ける鬼才・弐瓶勉の原点――。難解と言われながらも、幾度となく映像化への期待が高まっていた本作が、連載開始から20年の時を経て、遂に全世界に向け劇場アニメ化される。

監督には「シドニアの騎士」で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、「亜人」を スピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之。

アニメーション制作は「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「トランスフォーマー プライム」など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、「シドニアの騎士」で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。音響は、従来の劇場サラウンドスピーカーに加え、高さの要素を含めることで、3次元的な立体音響表現を実現した最新サウンドシステム「ドルビーアトモス」を、日本のアニメで初めて採用。

さらに本作では、原作者・弐瓶勉がシナリオやキャラクターデザインをはじめとした、クリエイティブディレクションの中核を担い、自らがプロジェクトへフルコミットをしている。

映像革命と称された「シドニアの騎士」のスタッフが再結集し、 原作者・弐瓶勉による全面協力・総監修の元で再構成した完全新作ストーリーとして創り上げる『BLAME!』が、再び世界を驚愕させるー。

『BLAME!』本予告第2弾が解禁!

増殖を続ける超巨大な「階層都市」を、緻密かつダイナミックに描いた『BLAME!』の世界観にどっぷり浸かれる未公開カットも大公開!

スクリーンの外側までも思いを馳せられる、縦横無限の広がりにはただただ圧倒される。

主題歌「Calling you」(angela)のスタイリッシュなメロディをバックに散りばめられた、激しいアクション、光と影に縁どられた登場人物たちのドラマチックな表情、見どころは尽きることなく、本作公開への期待は益々高まるばかり!

さらに…豪華キャスト・監督が登壇する完成披露上映会の開催決定!!

櫻井孝宏(霧亥役)、宮野真守(捨造役)
瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)(予定)が生で語る「BLAME!」とは一体?!

【概要】
イベント名:『BLAME!』完成披露上映会
日時:5月4日(木) 12時の回
劇場:丸の内ピカデリー
販売価格:2,000円
登壇者名:瀬下寛之(監督)、吉平“Tady”直弘(副監督)、
櫻井孝宏(霧亥役)、宮野真守(捨造役)(予定)
4月22日(土)よりプレリザーブ開始
※詳細情報は追って公式HPにてお知らせいたします。

4月1日より上映劇場にて豪華特典第2弾付き全国共通特別前売券販売開始!

豪華特典は1/35スケールフィギュア・セーフガード (駆除系TYPE‐01)


『攻殻機動隊』哲学をしたい時に観たいSFアニメ

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。