僕のヒーローアカデミア 2期 第4話(17話)「策策策」【感想レビュー】

僕のヒーローアカデミア17話目「策策策」が放送されました。前回は、1年生第1ステージ「障害物競争」が行われ、我らが主人公緑谷出久が個性を使わず、まさかの1位を獲得するという、感動のどんでん返しがありました!

僕のヒーローアカデミア 2期 第4話(17話)「策策策」

そして今回、第1ステージの上位者が各々仲間を選ぶ「騎馬戦」が第2ステージとして発表されました。この騎馬戦のルールは、騎馬の合計ポイントで稼ぐというもの。

騎馬の上になった人間が合計ポイントの明記されたハチマキを頭に巻き、それをお互いに取り合うというルール。そして、面白いのがハチマキをとられても終わりじゃないということ。制限時間の15分が経った時に持っていたポイントが全てというルール。

と、いうことは途中でわざとハチマキをとらせて身軽になり、一気に狩る側に回るのもOKということ!
制限時間は15分。出久はボーナス1000万ポイントをGETっ!

出久は前回のステージで1位だったので、特別に「1000万ポイント」!

早速騎馬戦の仲間を見つけようとあたりを見渡してみますが……敵意むき出しの目に囲まれていることに気づきます。

そりゃあそうです、一人だけ桁違いのポイントを持ってるんですから。出久の騎馬を倒すだけで1000万ポイントもらえるとわかっているからには、倒す気持ちはあっても、一緒に仲間になって大勢の敵に狙われたいなんて思うはずがありません。

周りが全て敵のなか、出久に声をかけてくれる子は・・・

僕のヒーローアカデミア 2期 第4話(17話)「策策策」

画像引用元:© 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

そんな絶望的な状況の中、一緒に仲間になろうと声をかけてくれる子が!

それは、友達の麗日お茶子ちゃん!

お茶子ちゃんの励ましに元気を取り戻した出久は一つの作戦を考え、仲間集めに奔走します。そして、出久の騎馬戦はサポート科の子も加わって完成しました!

やっと騎馬戦の仲間が集まったところで、騎馬戦作りの15分が終了します。

個性使いまくりの騎馬戦がスタート!

案の定、出久チームはいきなり狙われます。作戦は、とにかく逃げの一手。それぞれの個性を把握している出久が指揮し、タイミングを合わせて個性を使ったり、サポート科の子が貸してくれたサポートアイテムを使って危機をやり過ごします。

7分経過し途中経過が発表されると、なんと――!?

1000万ポイントは守りきれるのか!?

各チームも大健闘、A組の騎馬が優勢かと思えば、B組に食えない奴がいたりとポイントの行方が気になる気になる!

そんな中、ついに出久の前にあのチームが!どうなる出久チーム、1000万ポイントは守れるのか!?
そんなところで終わった、今回の17話。

18話は「騎馬戦決着」というタイトルだけあって、第2ステージ終了!どんな展開が待っているのか、次回の放送が楽しみです!

僕のヒーローアカデミア 2期 第3話(16話)「 みんな個性的でいいね」【感想レビュー】