放送35周年『超時空要塞マクロス』のオーケストラコンサート開催 ミンメイ役・飯島真理も出演

ご注意!このニュース記事は公開から3ヶ月以上経過しています。ニュース内容が古くニュースとして正確性に欠ける可能性がありますので、必ず情報元や公式サイトで最新の情報を入手してください。

1982年に放映され、今なお新作アニメが放映される人気シリーズの初代作品である『超時空要塞マクロス』。

今年で放映35周年を数える「マクロス」初のオーケストラ・コンサートの開催が決定!日程は2017年9月17日(日)、会場は東京都千代田区の東京国際フォーラムとなっている

『マクロス』シリーズと言えば、恋と可変ロボットと、そして音楽。

『超時空要塞マクロス』の主題歌、劇伴を手がけたのが、2007年にこの世を去った音楽家の羽田健太郎さん。今年は、「マクロス」放映35周年であるとともに、羽田さんの没後10年という節目の年でもあります。

今回のコンサートでは、総勢80名の管弦楽団による豪華フルオーケストラの演奏に加え、羽田氏とともに当時音楽制作、演出に関わったスタッフによる制作秘話なども明かされるとのこと。

さらに、リン・ミンメイ役を務めた飯島真理氏も、このステージのためにロサンゼルスから来日するとあって当時からのファンにとっては貴重なイベントになりそうだ。

公式サイト:コンサート「超時空管弦楽」公式サイト
(C)1984 ビックウエスト

大好評放送中のアニメ「 マクロスΔ (デルタ) 」は、歴代マクロス作品のリスペクト部分が好感!

2016.05.19

ABOUTこの記事をかいた人

Uemt

アニメと声優さんと野球が大好きです。 土日はどっかの声優イベントに絶賛出没中。 愛するキャラはメガネキャラ。 駆け出しライターですどうか暖かい目でお守りください。