アヌシー国際アニメーション映画祭にて「夜明け告げるルーのうた」が長編コンペ最高賞受賞!その他日本作品勢も大活躍!

フランスで開催されていたアヌシー国際アニメーション映画祭にて授賞式が行われ、長編コンペティション部門の最高賞であるクリスタル賞を、湯浅政明監督の「夜明け告げるルーのうた」が受賞した。日本作品が最高賞を受賞するのは1995年の「平成狸合戦ぽんぽこ」以来22年ぶりだ。

また同じく長編コンペティションにノミネートされていた「この世界の片隅に」も審査員賞を受賞した他、学生部門では、冠木佐和子さんの「夏のゲロは冬の肴」が、ザグレブ国際アニメーション映画祭に続いて、審査員賞を受賞した。

アヌシー国際アニメーション映画祭公式サイト(海外):https://www.annecy.org/

「 夜明け告げるルーのうた 」で使われているフラッシュアニメーションって何だ?

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。