『 機動戦士ガンダム00 』可変MSの集大成!? 6つの目を持つ機体―― ガンダムハルート !

『機動戦士ガンダム00』の劇場版に登場した、数あるガンダム00界の変形機能を持つ機体の頂点に立つ(と思われる)機体――ガンダムハルート。その魅力に触れていきます。

キュリオス、アリオスを経て、複座式に

ガンダムハルート

ガンダムハルートは、第5世代ガンダムに分類される可変MSです。アニメ第1期のガンダムキュリオス、第2期のアリオスガンダムときて、最後に行き着くのがこのガンダムハルート。

アリオスガンダムは、支援機であるGNアーチャーとドッキングすることで、その性能をアップさせる機体でした。
しかし、このハルートには、はじめから両方の機能が備わっています。のみならず、ザンライザーという支援機も、開発の元になっているようです。

そのため、パイロットはアレルヤ&ソーマ・ピーリスの2人。初めから2人で操ることを想定しているため、複座タイプのコクピットになっています。

今回もまた、ソーマ・ピーリスの方が機体の主導権を握っているように見えるのは、まあ置いておいて……。

機動力では、同じく劇場版に登場する超高性能の量産機・ブレイヴに劣る――という説もありますが、火力や武装の豊富さを加えた総合力では、ハルートに分があります。

ビットが速すぎる

ガンダムハルート

主な装備は以下の通り。

・GNソードライフル
・GNキャノン
GNシザービット
・GNミサイルコンテナ

GNソードライフルは、剣と銃が一体化した武器。キュリオス系の機体の特徴である、ハサミのように相手を両断できる大型クローにもなります。

GNシザービットは、ガンダムシリーズの名武器・ファンネル系の武器です。計10基のビットが独自に動き、空間を疾走しながら相手をハサミで両断。

作中では、四方八方を駆け巡るビットの動きが速すぎて、アニメ初見でその動きのすべてを把握するのは困難です。スロー再生・一時停止推奨です。
これを操作できるアレルヤが凄いですね。

6つ目にもなるぞ

さらに、ハルートにはマルートモードと呼ばれる機能があります。アレルヤ、ハレルヤ、ソーマ・ピーリスがそれぞれ独自にOSを起動することで発動できる、まさに複座式のハルートだから使用できるモードです。

赤く輝く6つ目が特徴的な形態になります。その姿はまるで悪役のよう。作中では、大量の金属生命体を相手に無双するシーンが描かれました。

ガンダム00に登場する可変MSの集大成。さらに、6つの目に複座式。

フェチ心を刺激しまくりのガンダム、それがハルートなのです。

『 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 』が他のガンダムシリーズに比べて異色なワケ

2014.06.10