ノラと皇女と野良猫ハート 第7話「我が名は客」【感想コラム】

今回は、前回の予告通りヤギがたっぷり――ということはなく、オール二次元でお送りするアニメ第7話です。

ノラと皇女と野良猫ハート 第7話はロボアニメだ!

開幕――大気圏に突入するロケット。学園ものアニメ? なんのことだかわからないです。

ユウキ「ヤバイヤバイヤバ~~イ! ち~こ~く~す~る~~!!」

ロケットの中で、食パンをくわえているユウキ。今週も謎すぎる導入だぜ!ついに発売されたOPを終えると、

燃え盛る街、パイロットスーツ姿の皆さん、暴れている怪獣……という衝撃のシーンへ移行。

パト「あれを倒すには、私たちの気持ちをひとつにする必要があるの」

↑実は伏線です。

そう言って、いきなり合体を始めるロボ。

ユウキ「でもこれ、時給発生するのかな」

みんな「でもこれ、時給発生するのかな~」

一見ツッコミのような、ロボの名前。見た目も、コンビニ店員みたいな感じです。

サービスシーン(?)もあるよ

ノラと皇女と野良猫ハート 第7話「我が名は客」【感想コラム】

画像引用元:©HARUKAZE

ノブチナ「ダサい! なんだこのロボ!」

そうノブチナさんはM字開脚で、サービスシーンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

シャチ『来ます。敵の光線です』

ユウキ『なにか武器はないんすか!』

ノブチナ「これだ!」

 

ボタンを押すと、

みんな「いらっしゃいませ」

お辞儀をするロボ。ああ、やっぱり店員なのですね。

容赦なく吐かれる光線により、ロボの頭は蒸発して――みなさんのコクピット、どこにあったんですかね?
次のカットでは全員無傷のまま脱出を果たしています。

気持ちを合わせて

ノラと皇女と野良猫ハート 第7話「我が名は客」【感想コラム】

画像引用元:©HARUKAZE

パト「私の魔力ももたないわ。次の合体が最後のチャンスよ」

最早、魔力と言っておけばなにをやっても許されるという風潮。さすがギャグアニメ、なんでもありです。そこがこのアニメの面白いところ!

どうやら、一人の残念が反応し、あんなロボになってしまった模様。最初に「時給」のことを考えたユウキは反省し、再度みんなで合体――

ユウキ「でも携帯ショップって、なんであんなに並ぶんだろう?」

またも雑念。今度は携帯ショップの店員風ロボに。実は、これOPにいます。OPもぶっ飛んでいるようで、ちゃんと内容を表していたようです。

お約束の流れです。

ユウキ「すいません、ホントすいません!」

お茶を出すも、ビームで両腕を吹き飛ばされ――スマホを手に襲ってくる怪獣

ノブチナ「こいつ、モンスターカスタマーだ! ブチブチにキレてる!!」

ユウキ「機種変しに来たのに、何時間待たせるんだってことっすよ!」

最後はロボで土下座を決め、爆発する怪獣

みんな「やった~! またお越しくださいませ~!」

考えるな感じろ! というかんじの回でした。

今回のサブタイトルは、「我が名は客」です。

なるほど、オチとリンクしていますね。

ちなみにあらすじ↓

思えば長い道のりだった。街を護るため、ついに立ち上がるノラとその仲間たち。闇こそ我が敵! 心に巣食う闇こそ人類の敵!

ノラとその仲間たち……?ノラさん、主人公なのに超空気でしたよ!

 

しかし、もうアニメは後半戦なのですね。時間が立つのは早いです。今回のお話も、ニコニコなどで配信中です。

https://twitter.com/noratoto_anime/status/900361207072161794

 

ノラと皇女と野良猫ハート 感想コラムのまとめ