『 機動戦士ガンダムSEED 』ディアッカとサポートに強い砲撃機体・バスターガンダム!

ディアッカ・エルスマンとは、『 機動戦士ガンダムSEED 』『 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 』に登場するキャラクターです。

今回は彼について触れていきます。

『 機動戦士ガンダムSEED 』のディアッカはエリート

――グゥレイト! やったぜ!!

アニメ第1期にあたる『機動戦士ガンダムSEED』では、クルーゼ隊のメンバーとして地球連合軍のガンダムを奪い、バスターガンダムのパイロットとなって主人公たち(地球連合軍・アークエンジェル組)と交戦します。

そんな彼は、コーディネイターの中でも優秀な、ザフト軍の赤服です。軍のアカデミーでは成績4位でした。相当優秀ですね。

※クルーゼ隊の隊長、及びコーディネイターに関しては、以前に書いた記事で触れています。

『 機動戦士ガンダムSEED 』復讐のため戦争を激化させた男“ラウ・ル・クルーゼ ”と、 プロヴィデンスガンダム とは!?

2017.06.21

【機動戦士ガンダムSEED DESTINY 】 ガンダム世界にも出てきた、自分の才能や就くべき仕事を判断してくれる社会、どう思いますか? 【PSYCHO-PASS サイコパス】

2017.01.25

軽い口調、グラビア雑誌を読んでいるシーンなどから、性格も軽いと思われがちですが、実際は仲間想いでもあります。

アカデミー時代から一緒だった、同じクルーゼ隊のイザークとは親友同士です。イザークと共に行動することが多い一方で、言い争いになった時は仲裁に回るという一面も。

『 機動戦士ガンダムSEED 』ディアッカとサポートに強い砲撃機体・バスターガンダム!

画像引用元:© 創通・サンライズ

捕虜の経験を通し、柔軟な思考を身につける

――とっととそこから下がれよ! アークエンジェル!

アニメ中盤では、ガンダムに乗るコーディネイターでありながら、スカイグラスパーという戦闘機に乗ったナチュラルのムウに落とされます(ムウが強いのであって、ディアッカが弱いわけではありません)。

その後はアークエンジェルの捕虜になり、そこで恋人を失ったナチュラルの少女・ミリアリアと出会います。

敵としか見ていなかったナチュラル側の内面に触れ、精神面での成長を果たします。以降は、地球連合軍から離れ独自の道を進み始めたアークエンジェルと行動を共に

戦場で再会したイザークに銃を向けられるも、説得を試みます。その後の最終戦では、イザークと共に連合のブーステッドマンと戦っています。

TVアニメ版ではVSクロト戦において、イザークに助けられています。しかし、スペシャルエディション版では尺の都合なのか、クロトをあっさり撃破。彼の一番の戦果です。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』では再びザフトに戻るも、離反が原因で、立場がエリートの赤服から一般兵の緑服へチェンジ。残念ながら、第1期ほどの活躍はありませんでした。

バスターガンダム

――ディアッカ・エルスマン……いくぜッ!

ディアッカの乗ったMS、バスターガンダムは砲撃に特化した機体です。

主な装備は以下の通り。

・220mm径6連装ミサイルポッド
・350mmガンランチャー
・94mm高エネルギー収束火線ライフル
・対装甲散弾砲
・超高インパルス長射程狙撃ライフル

ミサイルポッドは両肩に取り付けられていて、拠点や戦艦への攻撃以外にも、牽制や相手の距離を取るときにも使える万能な装備

350mmガンランチャーは、広範囲を撃ち抜く散弾。さらに、高威力の大型ビームや、遠距離狙撃と言った火力重視の遠距離戦向きの機体となっています。

そのため、接近特化型のデュエルに乗ったイザークを、後方から支援することが多いです。一方で、他のガンダムと比べ接近されると厳しいという弱点も。

ゲーム『機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.』でも、相方のサポートや遠距離の敵に牽制をするのが得意な、射撃機体として登場しました。

 

ザフトと連合、双方の軍に属し、戦争を見極めた男・ディアッカ。

なかなか情に厚い男です。

機動戦士ガンダムSEED の『 SEED 』という概念とは?【考察】

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま