十二大戦 第1話「猪も七代目には豚になる」【感想コラム】

ついに始まりました!『化物語』シリーズの西尾維新先生と、『荒川アンダー ザ ブリッジ』の中村光先生という強力タッグで話題沸騰中の『 十二大戦 』

各話のあらすじを交えつつ、感想を放送後に随時お届けさせていただければと思いますので、どうかお付き合いのほどを宜しくお願い致します。

では早速、第一話について振り返っていきましょう♬

誰もいない都心で……

 一人の女性が都心部を闊歩するところから物語はスタート。 実は、視聴するまで「物語の舞台は古代文明なのかなぁ」と勝手に想像しておりまして、ビルが列挙している風景にいきなりびっくりしてしまいました笑。 まっすぐに特定のビルに向かうその女性はどうやら、意図を持ってどこかに向かっているもよう。

また、誰一人いない都心部を移動しつつ、「これが『十二大戦』を運営する者の力なのね」 と、戦いの場に赴こうとしていることが伺えますね。

明かされていく女性の素性と、他の参加者たち

十二大戦 第1話「猪も七代目には豚になる」【感想コラム】

画像引用元:©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

女性がどこかに向かう様子が映し出されつつ、強者として育て上げられてきた彼女の過去が明らかに。 とにかく只者ではないことと、話し方が過去と現在で少し異なるみたいですね(過去は大人しい雰囲気がありましたが、現在はちょっと凶暴っぽい)。 また、この回想を通して女性が「亥(いのしし)」の異名を持った強者であること、そして「十二大戦」という戦いが12年に一度開催されていることがわかりました!

 会場に着くと、個性的な面々の登場。 みんな干支に見立てた風貌のようですね。こうやって改まってみると、「亥」が一番干支の風貌から遠いような笑。てか、あれ? 誰かもう死んじゃってる……。 その後、審判を務めるという「ドゥデキャプル」からのルールが説明スタート。ただ、ルールっていルールは実はないようで、問答無用のバトルロワイアルっていう発表でしたね笑。そんな中で強いて挙げるとすれば、参加者たちが最初に毒を飲まされましたので、症状が出るまでに決着をつけてねっという制限時間が決められてしまった点が、重要な規約といったところでしょうか。

そして優勝者はなんでも願いを一つ叶えられるとのこと!! それにしても、参加者たちはそれぞれ違う能力を持っていそうですし、バッチバチに戦い合う私好みの展開になりそうです!

爆音と共に幕が開けた、痛快バトルロワイアル!

十二大戦 第1話「猪も七代目には豚になる」【感想コラム】

画像引用元:©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

「亥」に「猿」と呼ばれている少女が戦いを避けようとする提案をあげましたが、その話の途中で床が崩壊! 大戦参加者が散り散りに離れた中、「亥」と一番ビジュアルがやばそうだっった「卯」っぽい人が対峙することに。 つらい訓練を乗り越えたのに、長女なのに代表者に選ばれなかったことで狂気性が増してしまったことが明らかになった「亥」。「愛終(あいしゅう)」「命恋(いのちごい)」という名の二丁の機関銃を駆使し、また「湯水のごとく(ノンリロード)」というスキルを使ってのメッタ打ちによって有利に戦いを進めるかと思いきや、実は「卯」はネクロマンサー(死霊魔術を行う術師)だった!

「十二大戦」開幕前に倒した「巳」と共闘して「亥」を撃破したところで第一話は終了となりました。

次回予告と第一話感想

 次回は「戌」さんが活躍するようです。 もしかすると、毎回フォーカスされる戦士が違って、各々の目線で戦いが繰り広げられるのかもしれませんね。 また、第一話を見て一番かっこいいなと思ったのは、戦う直前に自身の異名を名乗るところでした! 

次の戦士がどんな特性を持っていて、どんなアツいバトルを見せてくれるのか。楽しみに待ちたいと思います♬ お付き合い下さりありがとうございました。

「 機動戦士ガンダム 」劇場三部作の奥深い人間ドラマがすごい!

2017.04.07