河森正治監督の新作TVアニメ『重神機パンドーラ』2018年放送決定!メインキャストに前野智昭さん、東山奈央さん

『マクロス』シリーズや『アクエリオン』シリーズを手掛けた河森正治氏が総監督を務めるテレビアニメシリーズ『重神機パンドーラ』が2018年春に放送されることが、17日に開催された『河森正治 NEW PROJECT BRIEFING』にて発表されました。

『重神機パンドーラ』は、中国大陸の各地をモデルにした街『ネオ翔龍(しゃんろん)』を舞台に、『AI、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーなどさまざまな技術革新に追い立てられている現在、人類はなにができるのか、苦難の時代を「家族契約」という選択をして生きていくことにした登場人物が巨大な敵と戦うアクションと、人として生きるとはなにかを問いかけていくヒューマンドラマが描かれる。

もちろん、新作アニメでもロボットは健在。河森監督いわく「アニメのメカというより特撮作品のメカ。ロボット物とヒーロー物の間をとったメカ」をイメージしたデザインとのこと。

さらに、「しばらくぶりに歌を使わない戦闘シーンを描くのが挑戦」と明かし、久々の地上戦、戦う主人公たちの年齢を20代に引き上げたという今作は、今までとは違うロボットアニメとなるのだろうか。

そしてメインキャストとして天才科学者のレオン・ラウ役に前野智昭さん、レオンと“家族契約”を結んでいる“妹”のクロエ・ラウ役に東山奈央さんも決定。

公式サイト:河森正治 Shoji Kawamori New Project THE NEXT(C)Shoji Kawamori,Satelight / Xiamen Skyloong Media

【脳筋ナイトからロボット、魔法少女にエロゲヒロインなどなど登場】『BLACK LAGOON』作者・広江礼威によるTVアニメ『 Re:CREATORS 』( レクリエイターズ )の魅力紹介

2017.09.09