ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

あきらめないのが、俺たちの魔法。


TVアニメ『 ブラッククローバー 』は、週刊少年ジャンプにて連載中・田畠裕基先生の描く王道系ファンタジー漫画のアニメ化作品です。

ジャンプでも大きな反響を呼んだ『 ブラッククローバー 』だけに、アニメ化発表に多くのブラックローバーファン達が歓喜の声を上げました。

「夢に向かってあきらめない」ということをテーマに、 僕が構想した「ブラッククローバー」のすべてがアニメでは描かれています。アニメという映像表現は、僕の想像していた「魔法の凄さ」を具現化してくれました。 子供から大人まで、みんなが楽しめる、魔法ファンタジーを体感してもらいたいです!!
原作:田畠裕基

ブラッククローバー公式ページより抜粋

そんな『 ブラッククローバー 』を毎週放送後にコラムを公開しています。『 ブラッククローバー 』のコラムを担当するのは、あにぶライターの星崎梓さんです。

このページの目次

ブラッククローバー 第1話「アスタとユノ」【感想コラム】

冒頭は物語の主役である、アスタユノが協会に拾われるところから始まります。赤ん坊の頃から、2人は一緒です。

そして15年後。村では魔法で桑を動かし、畑仕事をする男たちの姿が……。魔法が日常生活に溶け込んでいる――というのがよくわかる描写ですね!

ブラッククローバー 第1話「アスタとユノ」を読む

ブラッククローバー 第2話「少年の誓い」【感想コラム】

冒頭は長いあらすじです。前回を見逃した方でもご安心。あらすじ~OPだけでたっぷり5分も使います。夕方枠だからこその手法ですね。何クールあるのでしょうか?

ユノ「アスタはずっとそうだ。いつでもありえねーことをやってのける」

ブラッククローバー 第2話「少年の誓い」を読む

ブラッククローバー 第3話「クローバー王国、王都へ!」【感想コラム】

冒頭からシリアスなシーンです。大暴れする巨大な怪物が、先週の敵とは段違いの火力を魅せつけます。

そんな魔人を倒したのは、初代魔法帝。魔法帝はとんでもなく強いというのがわかるシーンです。剣とグリモワールを手に入れたアスタは、相変わらず筋トレをしまくります。

ブラッククローバー 第3話「クローバー王国、王都へ!」を読む

ブラッククローバー 第4話「魔法騎士団入団試験」【感想コラム】

魔法騎士団入団試験の会場は、「城下町キッカ」というところにあります。最果ての地から来たアスタには、人も食べ物もお店もい~っぱいある王都は輝いて見えます。

壁に剣や箒が飾ってある店だってあります。ファンタジーです。まさに異世界モノって感じです。

ブラッククローバー 第4話「魔法騎士団入団試験」を読む

ブラッククローバー 第5話「魔法帝への道」【感想コラム】

魔法騎士団入団試験の途中から始まります。魔法の試験で尽く残念な結果を出したアスタは、1on1でのバトルでも舐められます。「最果ての下民が!」「お前なんかどこの団にも入れねえよ」

そうバカにしてくる他の試験生たちを、高速かつ強烈な一閃で黙らせるアスタ。

ブラッククローバー 第5話「魔法帝への道」を読む

ブラッククローバー 第6話「黒の暴牛」【感想コラム】

アジトではアスタ以上に騒がしい2人がなにやらバトっていました。その他にもシスコン、酔っぱらい女、大食い女……全員マイペースで、異空間。

アスタが「よろしくお願いしまアアアす!」と叫んでも総スルーです。「お前らものを壊すんじゃねえ!」と一喝するヤミですが、彼が一番壁を壊しています。説得力ないです。

ブラッククローバー 第6話「黒の暴牛」を読む

ブラッククローバー 第7話「もう一人の新入団員」【感想コラム】

前回、ジャケットを入手したアスタ。今回は念願の部屋をゲットします。切ないくらいに狭くて汚い部屋だと紹介されますが、教会では雑魚寝が基本、部屋は部屋なのでテンションが上がります。

さっそく掃除しまくることに。一方ユノは、超豪華な部屋を貰っていました。同じ魔法騎士団でも、団ごとの差が激しいですね。

ブラッククローバー 第7話「もう一人の新入団員」を読む

ブラッククローバー 第8話「ゴーゴー初任務」【感想コラム】

魔法騎士団の仕事は、市民と国を護る漢らしい仕事――らしいのですが、他のメンバーは妹にプレゼントする金のためだったり、モテるためだったり、なんだかマイペースすぎです。
好き勝手にやりすぎるみんなを見て、ノエルはこの団にいて大丈夫かと不安に思ったりもします。

ブラッククローバー 第8話「ゴーゴー初任務」【感想コラム】を読む

ブラッククローバー 第9話「獣(けもの)」【感想コラム】

そんなわけで村の森につくアスタ達。イノシシらしいソレは、巨体と炎系の魔法を持つ凶暴な生物でした。ノエルは魔法がコントロール出来ないので、ほとんどアスタの力技で退治。

ブラッククローバー 第9話「獣(けもの)」【感想コラム】を読む

ブラッククローバー 第10話「護る者(まもるもの)」【感想コラム】

ノエルの新技に名前がつきました。水創成魔法 “海竜の巣”!!!心身の成長により、ノエルのグリモワールが新しい魔法を習得したのです。レベルアップして技が増える。王道なだけではなく、流行りのゲームっぽい要素もあります。

ブラッククローバー 第10話「護る者(まもるもの)」続きを読む

ブラッククローバー 第11話「とある日の城下町での出来事」【感想コラム】

前回、初任務を終えたアスタ達。謎の敵を倒すことに成功しましたが、マグナの大切な村長さんは間に合わず……。しかし、しんみりしても爺さんは生き返らない――騒ぐことが大好きだったという村長さんのために、マグナ達は笑います。

ブラッククローバー 第11話「とある日の城下町での出来事」を読む

ブラッククローバー 第12話「魔法帝は見た」【感想コラム】

アスタが星1つゲット。その事実にフッハは焦ります。そして、前回のラストにあったひったくり犯の登場。駆け出すアスタと、張り合うように飛び出すフッハ。

フッハの魔法で出したバイクを見て、「ダサッ」「キモッ」という女性陣の辛辣なコメント。

ブラッククローバー 第12話「魔法帝は見た」を読む

ブラッククローバー 第13話「続・魔法帝は見た」【感想コラム】

これまでも微妙と言われ続けていた、例の芋料理が振る舞われます。とっても口が乾く、妙な芋。それを美味しそうに料理してしまうシスターは、すごいです。

子供達とシスターはユノを褒めまくりますが、ユノはアスタのことを気にします。

ブラッククローバー 第13話「続・魔法帝は見た」を読む

ブラッククローバー 1クール目まとめ~今からでも観れるブラクロ~【感想コラム】

この物語の中心にいるのは、アスタユノです。アスタは魔力がすべての世界で唯一、まったく魔力のない少年。その分体を鍛えています。ユノは魔力に優れ、高度な魔法も使いこなす天才少年

二人は同じ孤児院で育った幼馴染であり、友であり、共に魔法騎士団のトップ――魔法帝を目指すライバルです。

ブラッククローバー 1クール目まとめ~今からでも観れるブラクロ~を読む

ブラッククローバー 第14話「魔宮(ダンジョン)」【感想コラム】

クールの変わり目はOPの変わり目。新しいOPは、クールでオシャレなOPです。そして、突如現れる魔宮(ダンジョン)。今回からはダンジョン攻略のエピソードになっていきます。

ダンジョンのことを知らないアスタに、マグナは「昔の人間の遺物が眠る、古墳のようなもんで、強力な“古代魔法の使用法”や“貴重な魔導具”なんかが眠ってるスッゲーとこ」と説明します。

ブラッククローバー 第14話「魔宮(ダンジョン)」を読む

ブラッククローバー 第15話「ダイヤモンドの魔導戦士」【感想コラム】

前回、ユノに助けられたアスタとノエル。クラウスは何故こんな奴らを助けるのかと不満そうでした。

「なんだこの失礼なメガネは」

とムッとするアスタ。クラウスは失礼なのはお前だと言い返し、案の定険悪に。クラウスさん、根はいいやつなのですが、まだ下民を下に見ているところがあるようで……。

ブラッククローバー 第15話「ダイヤモンドの魔導戦士」を読む

ブラッククローバー 第16話「仲間」【感想コラム】

ブラッククローバー 第16話「仲間」【感想コラム】

一方ミモザは植物の回復魔法で治療中。サポートも回復も出来てしまう万能っぷりですが、治癒には時間がかかります。

マルスは自分の道に何があろうとも排除しようとする、危険な男。彼を止めるべく、前回指示しかしていなかったクラウスさんが動きます。

ブラッククローバー 第16話「仲間」を読む

ブラッククローバー 第17話「破壊者」【感想コラム】

ブラッククローバー 第17話「破壊者」【感想コラム】

撃破されたロータスでしたが、逃げる力は残っていました。ちゃんと部下も回収していく辺り、いい人そうです。一家のお父さんなだけありますね。

そして――。ユノ達を追い詰めるマルスという男は、ダイヤモンド王国の切り札的存在だと発覚。額にある宝石は、魔力を高める魔法道具です。

ブラッククローバー 第17話「破壊者」を読む

ブラッククローバー 第18話「追憶の君」【感想コラム】

ブラッククローバー 第18話「追憶の君」【感想コラム】

前回、マルスを撃破したアスタ。上半身の服がボロボロで、それを見て赤くなるノエルが可愛い。ミモザも無事復活しました。

ブラッククローバー 第18話「追憶の君」を読む

ブラッククローバー 第19話「崩壊と救済」【感想コラム】

ブラッククローバー 第19話「崩壊と救済」【感想コラム】

マルスの攻撃を受け、倒れてしまったアスタ。ミモザの魔力も残りわずか、治療しきれるか心配なところ。クラウスさんまで、さっきの勢いはどうしたと心配します。

ブラッククローバー 第19話「崩壊と救済」を読む

ブラッククローバー 第20話「王都集結」【感想コラム】

ブラッククローバー 第20話「王都集結」【感想コラム】

一週間の眠りから、アスタは目覚めます。まずはメシをガッツリと食います。『ドラゴンボール』の悟空、『ワンピース』のルフィもそうですが、王道的な男主人公には大食いが多い気がします。

ブラッククローバー 第20話「王都集結」を読む

ブラッククローバー 第21話「王都騒乱」【感想コラム】

ブラッククローバー 第21話「王都騒乱」【感想コラム】

これにはさすがのお兄様たちも驚きました。「だがあの程度の攻撃範囲なら」と、別の男が遠距離から攻撃。

ブラッククローバー 第21話「王都騒乱」を読む

ブラッククローバー 第22話「魔法乱舞」【感想コラム】

ブラッククローバー 第22話「魔法乱舞」【感想コラム】

「おいでなすったと思ったら、黒の暴牛。しかもガキじゃねえか」とラデス。”黒の暴牛”が損害ばかりだす魔法騎士団だという話は、外にも広まっているようです。まあ、彼の場合は外の人間ともいいきれないのですが……その辺りはネタバレになってしまうので、伏せましょう。

ブラッククローバー 第22話「魔法乱舞」を読む

ブラッククローバー 第23話「紅蓮の獅子王」【感想コラム】

ブラッククローバー 第23話「紅蓮の獅子王」【感想コラム】

アデス操るアルフレッドVSアスタ。王都襲撃編の続きです。敵の数は多いですが、大半は雑魚です。それを不審に思う“銀翼の大鷲”のノゼル。雑魚どもは囮で、狙いは王かもしれない――と考えます。

ブラッククローバー 第23話「紅蓮の獅子王」を読む

ブラッククローバー 第24話「ブラックアウト」【感想コラム】

ブラッククローバー 第24話「ブラックアウト」【感想コラム】

ノエル&レオポルドの連携。水タイプの敵が相手でも、圧倒的な火力で蒸発させ勝利します。「オレの魔力は王族にも劣ってねえ」と叫び暴れるラデスですが、フエゴレオン団長に拘束され、グリモワールも没収されます。

ブラッククローバー 第24話「ブラックアウト」を読む

ブラッククローバー 第25話「逆境」【感想コラム】

ブラッククローバー 第25話「逆境」【感想コラム】

王都を襲撃され、国の一大事!という状況で、今週も食べまくるチャーミー先輩。見た目は子供っぽいですが、実は19歳です。と、そこへ……前回、覚醒したユノにふっ飛ばされたキャサリンが突っ込んできました。

ブラッククローバー 第25話「逆境」を読む

『 ブラッククローバー 』14~25話おさらい【感想コラム】

ブラッククローバー 第16話「仲間」【感想コラム】

原作は「週刊少年ジャンプ」にて連載中。TVアニメ『 ブラッククローバー 』、ついに3クール目へ突入!!その前に、ちょっとだけおさらい♪というわけで、14~25話までの内容を簡単にまとめます。

『 ブラッククローバー 』14~25話おさらいを読む

ブラッククローバー 第26話「手負いの獣」【感想コラム】

ブラッククローバー 第26話「手負いの獣」【感想コラム】

五方向から放たれる魔法。悉くかき消すアスタですが、体力の限界は近く……。レオやノエルと共に戦いますが、敵の中には相性の悪い魔法を使うものもいて……。ダウンしてしまうアスタ&レオ。大ピンチです。

ブラッククローバー 第26話「手負いの獣」を読む

ブラッククローバー 第27話「光」【感想コラム】

ブラッククローバー 第27話「光」【感想コラム】

現れたその人物は、なんと魔法帝よりも速い光魔法を使用。仲間を取り返し去っていきます。しかしそこは魔法帝。敵を1人だけ、確保しました。そうして仲間の元へ帰還するアスタ。

いろいろ文句を言っていたクラウスさんも、アスタを心配し、すっかりイイ仲間みたいな感じに。

ブラッククローバー 第27話「光」を読む


毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!

週刊!アニメ感想コラム・感想レビューインデックス

2016.12.09
⇧最新の2017年放送アニメ感想一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。