3月のライオン 第2シリーズ 感想コラムのまとめ

って、いて、って。


約半年間の沈黙を経て、ついに放送されました 『 3月のライオン 第2シリーズ 』。前回と同じく「シャフト」の制作のもと、独特な世界観で彩られた本作品の放送を私同様今や遅しと待ち続けていたファンの方も多いはず!

その『 3月のライオン 第2シリーズ 』を毎週放送後にコラムを公開しています。『 3月のライオン 第2シリーズ 』のコラムを担当するのは、あにぶライターの哲太さんです。

Contents

3月のライオン 第2シリーズ 第1話 「西陽」「ラムネ」【感想コラム】

主人公「桐山零」の語りから始まった本編。プロ棋士である自身とその環境についてを「零」本人の言葉でつづられ、舞台は彼の通う「私立駒橋高等学校」へと移ります。

1期の終盤で孤独と戦っていた「零」の新しい居場所となった「将科部」、その部活風景が和やかに描かれていました。

3月のライオン 第2シリーズ 第1話 「西陽」「ラムネ」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第2話「Chapter.48 混沌」「Chapter.49 隈倉」【感想コラム】

零との対戦が中々決まらず、二階堂が激怒するシーンから始まった「Chapter.48 混沌」。二階堂は零を倒すために弱音を吐くことなく鍛錬を積み重ねている努力家ですので、零との一戦を心待ちにしているのですね。

あまりに騒がしくしたために、宗谷と隈倉による名人戦最終局の中継を見ていた先輩たちに怒られちゃいますが、「ちんまり」した二人はなんだか可愛かった!

3月のライオン 第2シリーズ 第2話「Chapter.48 混沌」「Chapter.49 隈倉」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第3話「Chapter.50 六月」「Chapter.51 てんとう虫の木①」【感想コラム】

今回は松本&スミスの愛すべき先輩コンビが、隅倉九段のドデカ革靴に驚くシーンからスタート。隅倉さん、意外にも1話から皆勤賞ですね。

そしてその靴の大きさ、なんと29.5cm!!……これ、日本プロバスケットボール選手のバッシュなみのサイズです。

3月のライオン 第2シリーズ 第3話「Chapter.50 六月」「Chapter.51 てんとう虫の木①」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第4話「Chapter.52 てんとう虫の木②」「Chapter.53 てんとう虫の木③」「Chapter.54 想い」【感想コラム】

標的になってしまったのは、小学校からひなたと仲の良かった佐倉ちほちゃん。大人しくてやさしい性格の娘で、人から恨みをかうようなことは決してない。

ただ、作中でも語られていましたが、受験前のストレスは想像以上にやっかいなもので、それが特定の生徒たちの心に大きな闇となっりちほちゃんに向けられたのとこと。

3月のライオン 第2シリーズ 第4話「Chapter.52 てんとう虫の木②」「Chapter.53 てんとう虫の木③」「Chapter.54 想い」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第5話「Chapter.54 想い」「Chapter.55 告白」〜林田先生、あかり、零の視点から━━【感想コラム】

零の元担任、林田先生。自分の教え子ではなかろうと分け隔てなく、とても親身になり、教師という立場から零に色々なアドバイスを送ってくれたやさしい先生です。

自分が学生のころもこんな先生がほしかった!っと、考えちゃいますが、実は自分が気づいていないだけで同じくらい頼りになる先生も数多く出会えていたのかもしれませんね。

3月のライオン 第2シリーズ 第5話「Chapter.54 想い」「Chapter.55 告白」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第6話「Chapter.56 小さな世界」「Chapter.57 手紙」〜ひなの現状を振り返ってみて【感想コラム】

「彼女はただつらがっているんじゃない、怒っているんだ━━」

零がこう言う通り、転校にまで追い込まれたちほをいじめた生徒たちに対する強い嫌悪感を抱いているひな。

3月のライオン 第2シリーズ 第6話「Chapter.56 小さな世界」「Chapter.57 手紙を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第7話「Chapter.58 梅雨の始まり」「Chapter.59 蜂谷」〜色々と解析を進めつつ【感想コラム】

今回の零の対戦相手は、“東のイライラ王子”こと蜂谷すばる五段

まずは勝てば勝つほど機嫌が悪くなる、もちろん負けても機嫌が悪くなる困ったさんについてを取り上げていきます。♬

3月のライオン 第2シリーズ 第7話「Chapter.58 梅雨の始まり」「Chapter.59 蜂谷」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第8話「Chapter.60 真昼の月」「Chapter.61 冒険者たち」〜それぞれの状況【感想コラム】

3月のライオン8話アイキャッチ

「教師なめんなよ」と、声を大にして説いてくれる林田先生の姿はとてもかっこよかったです!確かに先生の言う通り、学校には担任の先生以外にもたくさんの先生がいますね、

先生の相談することを決めたのであれば、それこそ生徒指導室に足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。

3月のライオン 第2シリーズ 第8話「Chapter.60 真昼の月」「Chapter.61 冒険者たち」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第9話「Chapter.62 王国①」「Chapter.63 王国②」〜二つの決戦【感想コラム】

3月のライオン10話アイキャッチ

今回の9話の冒頭、新人戦決勝の舞台である大阪へと向かう予定の零が花本家を訪れていました。その日の夕食は、あかりがつくってくれたカツ丼。

美味しそうな一品を前に、一人箸が進まないひなが訴えた腹痛の原因は、修学旅行に対する憂鬱な思いが原因でした。

3月のライオン 第2シリーズ 第9話「Chapter.62 王国①」「Chapter.63 王国②」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第10話「Chapter.64 銀の羽根」「Chapter.65 川景色」〜進展【感想コラム】

3月のライオン10話アイキャッチ

まずは、前回「新人戦」の決勝で零に破れてしまった山崎順慶プロの物語。お酒の場で地元の友人に質問ぜめにされるシーンには、私自身が将棋のプロではないのにもかかわらず何だかすごく共感してしまいました。

3月のライオン 第2シリーズ 第10話「Chapter.64 銀の羽根」「Chapter.65 川景色」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第11話「Chapter.66 陽のあたる場所」「 Chapter.67 小さな世界」〜自分の居場所【感想コラム】

3月のライオン11話④

神宮寺会長や柳原棋匠の実力派コンビが久々(?)に集結。新人王を獲った零と宗谷名人の記念対局を大々的に執り行うことが語られていました。

実際の将棋界でも、新人王とタイトル保持者による記念対局は通例のようで、永世七冠を達成された羽生先生もタイトル保持者として登場したことがありましたね。

3月のライオン 第2シリーズ 第11話「Chapter.66 陽のあたる場所」「 Chapter.67 小さな世界」を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第12話「Chapter.68 黒い霧」「 Chapter.69 光」〜救済の手【感想コラム】

修学旅行を終えたひなの学校の三年生たち。どんないじめを受けようとも学校を休まない決意を固めるひなに感じるものがあったのか、高城女史たちのグループは次なる標的として担任の先生を選びましたね。そのことを敏感に察した先生が言った、

3月のライオン 第2シリーズ 第12話「Chapter.68 黒い霧」「 Chapter.69 光」〜救済の手を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第13話「Chapter.70 小さな手のひら」「 Chapter.71 日向」〜前進【感想コラム】

3月のライオン13話アイキャッチ

13話の終盤、いじめ問題が収束しつつあることを零に伝えるひな。その直接の要因は、担任の先生がダウンしてしまったことや、学年主任である国分先生の介入が大きかったかと思います。

3月のライオン 第2シリーズ 第13話「Chapter.70 小さな手のひら」「 Chapter.71 日向」〜前進を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第14話「Chapter.72 流れていくもの」「 Chapter.73 白い嵐①」〜舞台を変えて【感想コラム】

3月のライオン 第2シリーズ 第14話「Chapter.72 流れていくもの」「 Chapter.73 白い嵐①」〜舞台を変えて【感想コラム】

記念対局、の裏側に隠れてしまったタイトル戦。その扱いのシブさに口をあんぐり開けてしまった、島田八段と柳原棋王の二人の姿が印象的でした。笑

3月のライオン 第2シリーズ 第14話「Chapter.72 流れていくもの」「 Chapter.73 白い嵐①」〜舞台を変えてを読む

3月のライオン 第2シリーズ 第15話「Chapter.74 白い嵐②」「 Chapter.75 白い嵐③」「 Chapter.76 白い嵐④」〜知られざる真実【感想コラム】

対局開始から感想戦まで、全く会話を生まなかった二人の対局。結果的に零の敗北で幕を閉じたわけですが、二人の間には何か通じるものがあって、だからこそ多くの言葉を必要としなかったのでしょうね。

3月のライオン 第2シリーズ 第15話「Chapter.74 白い嵐②」「 Chapter.75 白い嵐③」「 Chapter.76 白い嵐④」〜知られざる真実を読む

3月のライオン 第2シリーズ 第16話「Chapter.76 白い嵐④」「 Chapter.77 白い嵐⑤」「 Chapter.78 再始動」〜小さな勇気【感想コラム】

3月のライオン 第2シリーズ 第16話「Chapter.76 白い嵐④」「 Chapter.77 白い嵐⑤」「 Chapter.78 再始動」〜小さな勇気【感想コラム

「聞こえたり聞こえなかったり、もう10年になる……」。神宮寺会長のこの言葉で、明らかになった宗谷名人の現状。噛み合わない受け答えや少なすぎる言葉数など、これまでの彼の不思議な対応の歯車が一気に合致しましたね。

3月のライオン 第2シリーズ 第16話「Chapter.76 白い嵐④」「 Chapter.77 白い嵐⑤」「 Chapter.78 再始動」〜小さな勇気を読む


毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!

第2シリーズも楽しみ!棋士の雰囲気を味わえる「 3月のライオン 」

2017.09.20

週刊!アニメ感想コラム・感想レビューインデックス

2016.12.09
⇧最新の2017年放送アニメ感想一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。