妹さえいればいい。 第4話「仕事さえすればいい。」【感想コラム】

今回も新しいキャラの登場となりました『妹さえいればいい』第4話。

同じく平坂読先生原作のTVアニメ『僕は友達が少ない』では女子キャラの比率が圧倒的(で最高 )でしたが、本作では男女比率が均等に近いのも特徴の一つですね。

なんだか新鮮味があり、他のアニメ作品とも比較できる楽しみ方があって嬉しいです♬。

果たして今回はどんなキャラが出て来たのか、早速レビューに移らせていただきます。

バレンタイチョコの贈り物は色々なかたちで

妹さえいればいい。 第4話「仕事さえすればいい。」【感想コラム】

画像引用元:©平坂読・小学館/妹さえいれば委員会

作中の季節は2月のようで、那由多や京、そして編集の土岐からの届けられた読者からのチョコを伊月と春斗受け取るなど、4話前半はバレンタイン にまつわるお話でした。

自信家の伊月が嬉しそうにファンの贈り物を喜んでいる姿は、ちょっと可愛かったですね。

この時に春斗が持参していたのは、「インペリアルチョコレートスタウト」というビールの一種。

「皇帝の名をもつ黒ビールの王様」らしく、バレンタインの贈り物の一種として実際にも人気があるようです。

那由多が前回から引き続き飲んでいるアメリカ生まれの炭酸飲料「ルートビア」についてなど、CM前のアイキャッチで色々な情報を教えてくれるのも本作の魅力で楽しいですね♬。

敏腕税理士襲来

妹さえいればいい。 第4話「仕事さえすればいい。」【感想コラム】

画像引用元:©平坂読・小学館/妹さえいれば委員会

 

そしていよいよ登場となった伊月の新しい仲間(?)、税理士の大野アシュリー姐さん!

今回の冒頭で、千尋が領収書を整理していたのは、アシュリーの仕事に関する伏線だったのですね。

春斗の紹介から伊月のもとに訪れたそうで、書籍やゲーム、フィギュアなどなど、伊月のお買い物をどんどんと仕事に結びつけていく敏腕税理士のアシュリー。

「私を本気にさせてくれるのは貴様との戦いと、ソシャゲのガチャだけだ」

そんなガチャの課金を無理やり伊月作品に登場させようとするくだりは特に面白かったです。w

妹さえいればいい。 第4話感想と今後の展望

今回は春斗と伊月をエッチなゲームネタでいじりまくる姐さんが大活躍。

春斗の以外な一面を知れた他、EDも今回はアシュリー仕様で驚きました!

そんなアシェリーのもう一つの活躍が見れるのが、オリジナルTwitterアニメ「○○さえいればいい」

現在こちらもぜひフォローしてみてくださいね♬。

妹さえいればいい。 感想コラムのまとめ

2017.10.28

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。