Wake Up,Girls!新章 第6話「1人でもWUG!7人でもWUG!」【感想コラム】

前回の第5話では、真夢と志保のドラマが無事クランクアップ、WUGちゃんたちの初となるファン限定イベントのバスツアーの開催、そしてアイドルを目指すと決めた歩たち中学生組み、未だに売上が芳しくないI-1がとった新構想と、三様の物語が動き始めています。

作中ではまだまだ夢をようやく決めた歩、音芽、いつかの3人ですが、そのキャストさんは一足先に『Run Girls, Run!』を結成し、どんどんと活躍の場を広げています。作中でのRGRちゃんたちの活躍はどの段階でみられるでしょうか。

そして、4話で初披露となったI-1club待望の新曲「君とプログレス」は2018年1月31日に発売となりますので、こちらも楽しみですね。

今週も考察、感想、etcをやっていきたいと思います!!

Wake Up,Girls!新章 第6話「1人でもWUG!7人でもWUG!」

WUGバスツアーの日がやってきた。そこには期待に胸を膨らませる歩たち3人の姿も。様々なイベントを用意しやる気満々のメンバーだが、実波が仕事で遅れてしまう連絡が…

始まったFCバスツアーだが…

Wake Up,Girls!新章 第6話「1人でもWUG!7人でもWUG!」【感想コラム】

画像引用元:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

いよいよ始まったWUGちゃんファンクラブ限定イベント”仙台バスツアー”! 最高のバスツアーにしようと意気込むWUGメンバーたちですが、ここでちょっとしたトラブルが発生…。実波が食レポの仕事がめおしてバスツアーに参加が遅れる事態となってしまいます。

そんな中で始まった仙台バスツアー、まずは八木山動物園でおなじみのアニマルぬいぐるみを着たWUGちゃんたちを探して「にくきゅうスタンプ」をもらおうという企画。

緊張とワクワクでバスツアーに参加した歩、いつか、音芽の三人は男性ファンだらけにちょっと戸惑ってしまうも、同じ参加者に女性ワグナーを発見し、意気投合し楽しそうな時間を過ごします。

そこから、青葉城で昼食をとり秋保グランドホテルへ行くという行程…ん…これは……まさしくリアルで行われたファンクラブ限定イベントである第1回Wake Up,Girls!の仙台バスツアーのハイパーリンクではないか……。

楽しい時間を過ごしていますが、いつまでたっても現れない実波にホテルで夕方からあるライブの心配をするメンバーたち。
実波推しのワグナーたちも、1日目の夕方になっても実波が現れない状況に少しガックリとしている様子でした。

こんな状況をなんか乗り切ろうと6人で1曲目の「極上スマイル」を歌うもやはりメンバーたちの中では、反応がイマイチのワグナーさんたちが気になる様子。

ライブ後も、催し物は続くものの実波は一向に現れる様子がありません。
お金を払ってお目当てのメンバーが現れないとなるとやっぱりちょっとがっかりですよね…。

次の「WUG ZOO ZOO」をアニマル着ぐるみを着て歌うときにメンバーはちょっとした案を思いつきます。

始まったライブではトラの着ぐるみをきた実波(?)が!まさかのサプライズ登場に実波推しのワグナーさんも大喜びするも…。

それは背丈が似ている七海に実波のトレードマークでもあるトラの着ぐるみを着て誤魔化そうという作戦!

それって結局6人しかいないし、顔は見えちゃってるし誤魔化しきれないのでは!?と思いましたが、案外作成は成功し、実波ファンも大喜び!(いや、気づかないのか?)

しかし、ステップで転んでしまいぬいぐるみが取れてしまう事故が起きてしまいます。

それを必死に誤魔化そうとする七海は、必殺の「うんめ〜にゃ〜」をかますも、もはやファンにはバレバレの状態。
それでも、ファンたちにはその必死の誤魔化しが逆に七海の天然な可愛さが見れて結果オーライとなるのでした。

そうこうしてるうちにやっとのことで実波が到着し、重大発表として1stアルバムの発売と全国ツアーを発表!!最後はファンたちと写真を撮って無事、1日目を終えるのでした。

WUGとして

画像引用元:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

最後の写真撮影でド緊張の歩ですが、憧れの真夢ととった写真は思い出になったようですね。そんな浮かれ気分のはやまるはホテル内で迷子になってしまい…たどり着いた先はなぜかグリーンリーヴズの関係者しか立ち入れない場所に…。

誰かが入ってきたことに焦った歩はとっさにその場に合ったきぐるみの中にIN!!入ってきたのはなんと真夢で、いとせずに真夢と急接近することになった歩。

入っているのは佳乃だと思っている真夢は、こぼしてしまったトマトジュースを洗おうと、なんとそのままお風呂に誘導。

なんだこのハーレムアニメとかでありそうな展開は!!

ツッコミどころは満載だけど、ばれないように必死にきぐるみをとらずにお風呂に入る歩だったか…そこについに、ご本人登場とばかりに佳乃が登場。今度はホラー的な展開か!?

しかし、特に気にした様子もないWUGちゃんたちは、すぐ近くにファンがいるとは知らずに今日あったツアーを振り返り、本当にファンに感謝していること、本当に楽しかったことを話しはじめます。

部屋に帰っても7人の話はまだまだ尽きることはありません。でも、一人別仕事で2日目を過ごせない七海に、佳乃はソロの仕事が増えたことで”WUGとして”どうしていきたいのかがわからなくなってきていると話します。

「1人でもWUG、7人でもWUG」

真夢は、今回のバスツアーのように誰かが欠けるときや、一人で仕事する機会が増えたことで、逆にそんな状況だからこそ「WUGらしさ」を大事にすべきなんではないのかと語るのでした。

そして昨日の話を受けた歩は、ついに真夢に面と向かって「アイドルやりたい!!!」と宣言するのでした。

もっとRGRちゃんにスポットを!

画像引用元:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

久々にぬるぬると動くCGのライブシーンに感動しそうになってしまいました…。

ということで第6話。意図しない形ではありましたが、憧れの真夢とドラマ以来の接近となった歩は自分が覚えて貰えていることでさらにファンになってしまったようで、どんな状況でもファンを楽しませようという姿勢にも感動。ついに真夢に自分がアイドルになりたい夢をはっきりと形にした彼女。

「一緒に頑張ろう」という真夢ですが、もしかしてグリーンリーヴズに入っちゃうのか!? はたまたWUGを脅かす中学生アイドルユニットを作っちゃったり!? 今のところ歩が一番乗り気ですが、他の2人はまだはっきりとアイドルへの気持ちがあるかというと、歩に付き合っているという感が強いので他の二人にももうちょっとスポットが当たってくれると、こう視聴者としても3人の気持ちに感情移入できそうなんですが。

しかし、逆にI-1のほうがあまり話が進展しませんでしたね…。一言だけって…。ほんとに1クールで終わるのかな…。
なんでしょう…こう、WUG,RGR,そしてそれ以外とちょっといろいろストーリーを展開しようとしてるけど全部中途半端になってる感が否めないですね。

そして、次回特別編……これは万策尽きた…というよりも予定されていた特番ですかねおそらく。年末にはライブやイベントも控えていますし、アニメから入って人向けにリアルの人も売り出していくスタイルでしょう。RGRとWUGの初共演番組って地味にレアな気がしますね。

きっと後半にかけて作画もストーリーの展開もブーストされるということをねがいましょう。

Wake Up,Girls! 新章 感想コラムのまとめ

2017.10.30