2017年秋アニメ オススメのOP・EDテーマ

2017年の秋アニメも折り返し地点になりましたね。それぞれのアニメのテーマソングが発売しはじめる頃です。今期のアニメを見ている人も各アニメのOP・EDテーマをある程度聴いていることでしょう。

みなさんもそれぞれお気に入りのアニソンがあると思いますが、今回は筆者がオススメする2017年秋アニメのOP・EDテーマを紹介します。

「More One Night」 チト(水瀬いのり)、ユーリ(久保ユリカ)

「More One Night」は現在放送中のアニメ「少女終末旅行」のEDテーマです。作中に登場するキャラクターであるチトとユーリが歌っています。

楽曲は「艦これ」「Re:ゼロから始める異世界生活」「NEW GAME!」などの主題歌を手がけているヒゲドライバー氏と「A3!」「初音ミク」などに楽曲を提供しているemon(Tes.)氏のタッグによるEDMとなっています。

ヒゲドライバー氏は「maimai」「BeatStream」などのアーケードのリズムゲームや「Tokyo 7th シスターズ」「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」などのスマホ向けリズムゲームにも楽曲を提供しています。筆者が個人的にヒゲドライバー氏の楽曲が好きなのもあって、「More One Night」をオススメしています。

メロディーはとてもキャッチ―で頭に残ります。聴けば聴くほどに中毒になりますね。かわいい歌詞を歌うチトとユーリの声の相性も非常に良く、どんどんクセになっていきます。

「More One Night」が収録されているCD『More One Night』は2017年11月29日に発売します。

「Invisible Sensation」 UNISON SQUARE GARDEN

「Invisible Sensation」は現在放送中のアニメ「ボールルームへようこそ」の第2クールのOPテーマです。いくつものアニソンを手がけているバンドであるUNISON SQUARE GARDEN(以下、ユニゾン)が歌っています。第1クールのOPテーマ「10% roll, 10% romance」もユニゾンが歌っていましたね。

「Invisible Sensation」はこれまでのユニゾンの楽曲同様、ワンフレーズに込められている歌詞の量が多いですね。それらの歌詞がアップテンポな曲のなかを気持ちよく流れてゆきます。楽曲の忙しい感じがアニメのOP映像ともマッチいるように思います。

「Invisible Sensation」が収録されているユニゾンの12thシングル『Invisible Sensation』は2017年11月8日に発売されています。

「ココロニツボミ」 eufonius

「ココロニツボミ」は現在放送中のアニメ「このはな綺譚」のOPテーマです。「このはな綺譚」は筆者イチオシの今期アニメです。一話完結型のアニメですが、毎話考えさせられる内容になっているところや、作品全体の雰囲気が清らかで美しいところなどが素晴らしいと思います。

あと、キャラクター同士の関係性の描き方が筆者好みですね。百合はいいぞ!

楽曲は作品の清らかさや美しさを引き立てていますね。どこか幻想的なOP映像との相性もピッタリです。聴いていると癒されます。

メロディーに用いられているピアノの音色が楽曲に清らなイメージを与えています。歌も澄んだ女声なので、透明で混じりけのない感じがします。

「ココロニツボミ」が収録されているCD『ココロニツボミ』は2017年10月25日に発売しています。

「ぼなぺてぃーと♡S」 ブレンド・A

「ぼなぺてぃーと♡S」は現在放送中のアニメ「ブレンド・S」のOPテーマです。メインキャストである和氣あず未(桜ノ宮苺香役)、鬼頭明里(日向夏帆役)、春野杏(星川麻冬役)の3名によるユニット「ブレンド・A」が歌っています。

アニメ「ブレンド・S」は「まんがタイムきららキャラット」に連載されている原作漫画をアニメ化したもので、いわゆる「きらら枠」にあたるアニメです。「きらら枠」には珍しく、主要キャラクターに男性が登場しています。

歌詞には「おもてなし」「ブレンド」など作品を反映している言葉が登場します。楽曲の作詞を担当しているこだまさおり氏は「TIGER & BUNNY」「氷菓」「アイカツ!」など数多くのアニメに楽曲を提供しており、多くのアニソンを手がけています。

「ぼなぺてぃーと♡S」はキャッチ―で耳に残る楽曲ですね。非常に中毒性が高いです。筆者も気づいたときには中毒になっていました。今は毎日1回は聴くようになっています。

「ぼなぺてぃーと♡S」が収録されているCD『ぼなぺてぃーと♡S/デタラメなマイナスとプラスにおけるブレンド考』は2017年11月22日に発売されます。

「Swing heart direction」 小松未可子

「Swing heart direction」は「ボールルームへようこそ」の第2クールのEDテーマです。第1クールのEDテーマ「Maybe the next waltz」も小松未可子(以下、みかこし)さんが歌っていましたね。

「Swing heart direction」は作品に登場するキャラクターである富士田多々良(CV:土屋神葉)と緋山千夏(CV:赤﨑千夏)の関係性を描いている楽曲です。アニメを見ている方や原作を知っている方はわかると思いますが、この楽曲は彼らを絶妙に表しています。ED映像との相性も良く、作品にピッタリの楽曲です。

楽曲はみかこしのきれいな歌声が映えています。みかこしの曲を聴くたびに「えっ、本当に声優?歌手の間違いでは?」と筆者は思ってしまいます。ものすごく歌が上手な方ですが、声優さんです。

また、この楽曲のベースを担当しているのは、先に紹介したユニゾンのベース担当している田淵智也氏です。彼はLiSAやスフィアなど、多くのアーティストに楽曲提供をしています。「Swing heart direction」の作詞・作曲を担当しているQ-MHzは彼と畑亜貴氏、田代智一氏、黒須克彦氏の4人によるプロデュースチームですね。

「Swing heart direction」が収録されているCD『Swing heart direction』は2017年11月8日に発売されています。

魅力的なOP・EDテーマがいっぱいの2017年秋アニメ

いかがでしたか?

2017年秋アニメに使用されている楽曲はほかにもたくさんあります。OP・EDテーマ以外にも、作中の挿入歌やBGMなどアニメに使われる音楽には様々な種類があります。

みなさんもお気に入りの楽曲を探してみてはいかがですか?

レアソング?やけに放送期間が短かったアニメOP&ED集

2017.08.30

ABOUTこの記事をかいた人

タングステン

ライター志望の大学生です。はてなブログでブログを書いたり、Twitterで軽くつぶやいたりしています。自身をオタクであると認識してから7年が経ちました。アニメ、ゲーム、声優、アニソンが好きですが、主にアニメ楽曲に関するコラムを書かせていただいています。最近はデレステを頑張っています。