いぬやしき 第7話「渡辺しおん」 愛を知ったヒロに鳥肌!【感想コラム】

ネットでも話題の2ちゃんねらー襲撃回を終え、やってきました第7話。

衝撃のあとにはさらなる衝撃が待っている。注目の回です。

悲しみのどん底

渡辺しおんは、ヒロの母が亡くなったことを知ります。いまだ立ち直れないヒロに対し、しおんのおばあちゃんは「かわいそうに……ここをウチだと思っていいからね」と気遣い……。

しおんも心配するわけですが、ヒロは無言で布団の中。
心の傷が深いです。

学校では、すでに2ちゃんねらー殺害事件が広まっていました。

ついに正体を明かすヒロ

いぬやしき 第7話「渡辺しおん」 愛を知ったヒロに鳥肌!【感想コラム】

画像引用元:© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

「犯人、早く捕まればいいのにね」

それでもヒロを信じるしおん。彼女の優しさを受け、ついにヒロは告白をすることに。
自分が殺人を犯したのは真実であること。身体が機械になってしまったこと。すべてを話します。

自分は機械で、心がなくなってしまった
その恐怖を、犬屋敷 壱郎は救うことで、ヒロは奪うことで、忘れようとしています。
どちらも“命”に触れ、生を実感すること。

ヒロのしていることは許されないことですが、二人は結構似ているのです。

本当の愛を知って

「俺が人間に見える?」
「人間にしか見えないよ」
「これでも……人間に見える?」

機械になった身体を見せるヒロ。
現実を受け入れられないしおんに対し、ヒロは彼女を抱えて飛ぶことでわからせようとします。

しかし、しおんはヒロに恐怖するわけでも憎むわけでもなく、「置いてかないで」と、ヒロがどこかへ去ってしまうことを悲しみます。

そんなしおんの想いを受け、ついにヒロは折れます。

「ずっとお前の家にいてやるよ」

と。

心を入れ替えたヒロ

画像引用元:© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

とはいえ、たくさんの命奪ったのは事実です。
それは許されないことだけど、自首すれば間違いなく死刑。ヒロはしおんの前からいなくなります。

そのどうしようもない現実が悲しくて、涙を流すしおん。
とても優しい娘です。

そこでヒロは決心します。
今まで奪ってきた命の分まで、命を救うことに力を使うと。

 

ガンにかかり死ぬ運命にある人。
歩けなくなり車椅子に乗っている人。
その他、身体や病気のことで悩み、苦しんでいる人々を2人で救っていきます。
用意したTwitterのアカウントが拡散され、少しずつ2人の活動が広まっていき……。

二ヶ月もの間、ヒロは殺人をやめ人助けのために動きました。

幸せを感じはじめた2人に……

画像引用元:© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

「すごいよ獅子神!」

しおんは言います。
彼女の愛と優しさを受け、変わっていくヒロ。
彼ははじめて、母以外からの本当の愛に触れたのです。

「ずっと大事にするから」
「うん。どこにもいかないでね」

幸せを感じ始めていた2人でしたが……。

 

しおんの家に忍び寄る特殊部隊の影。
このままハッピーエンドにはいかないのが『いぬやしき』です。

許されざる罪を犯したヒロには、もう幸せになる権利などないのか。
衝撃の次回へつづきます。

 

物語が転々としていきます。対比もそうですが、ヒロの心境の変化もまた面白いですね。

来週もまた、妄想力全開のシーンが控えている(はず)ので、そちらにも注目です。

いぬやしき 感想コラムのまとめ

2017.10.29