勤労感謝の日、そして”いいふみの日”に感動のアニメ動画「大切な家族を包む、その手。」が公開

ロート製薬株式会社は、勤労感謝の日に合わせてスペシャルムービー「大切な家族を包む、その手。」を公開した。

アニメ動画では、いつも一生懸命に家事に育児に奮闘する母親に、娘が愛のこもった手紙で感謝する様子を描き出しました。母親役をゆきのさつきさん、娘役を悠木碧さんが演じており、感動のストーリーに彩りを加えます。11月23日は語呂合わせから「いいふみの日」、そして勤労感謝の日。見ているうちに、いつも子育てを頑張るママに、感謝を伝えたくなるような内容になっている。

出演キャストゆきのさつきさん、悠木碧さんインタビュー

今回動画でメインキャストを演じている声優のゆきのさつきさん、悠木碧さんへのインタビューも公開されている。

―今回の役柄を演じるに当って、意識したポイントは?

ゆきのさん「基本的にお母さんお母さんしないように、という気持ちで演じさせて頂きました。お母さんは一人で出来るものではなく、子供がいて初めてお母さんが成り立つのかなと思います。この作品では、まだお子さんが小さく、お母さん歴がまだまだ浅い イメージで演じさせて頂もらいました。」

悠木さん「なるべく生っぽく、小学生の女の子に聞こえたらいいなと思い演じさせて頂きました。」

―ここが聞きどころだ、というセリフはありますか?

ゆきのさん「何と言っても、お姉ちゃ んが素晴らしいと、台本を読んで思いました。お姉ちゃんの成長物語なんじゃないかなと感じました。お姉ちゃんが成長することで、お母さんも一緒に成長していく様な感じで、演じさせて頂きました。」

悠木さん「『いってきます』です。子供は『いってきます』や『ただいま』とよく言うと思います。不満があっても、『いってきます』と『ただいま』がちゃんと言える子は、本当にいい子だと思います。ですので、その部分は大事にしようと思い演じさせて頂きました。」

―今回の動画は、どんな人に見てもらいたいですか。

ゆきのさん「最後のナレーションにもあった『大切な人を守る手』ということですので、家族で見てもらいたいですし、実際に商品を使って頂きたいです。そして、独り暮らしの人も、一人で生きているわけではないですよね。離れて暮らしているご家族や自分が大切に思っている人などいるはずです。そう考えると、“全員”ですかね。一人でも多くの方にぜひ見て頂きたいです。」

悠木さん「同じ年頃の子供を持つお母さんや、この娘と同じように下の子が産まれて、お兄ちゃんやお姉ちゃんになったお子さんに見てもらいたいです。その寂しさって自分だけじゃないぞっていうのが伝わるといいなと思います。誰が見ても心が温かくなる1本の作品になったと思います。」

親が子を想い、そして、子が親を想う。毎日、どこでもある光景に感動してしまう。寒い冬に心温まるアニメCMだ。

http://jp.rohto.com/mentholatum/cp/

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。