ブラッククローバー 第11話「とある日の城下町での出来事」【感想コラム】

ブラッククローバー 第11話「とある日の城下町での出来事」は、街中でセッケと再会。予告担当もセッケ。そんなセッケ(フッハ)回です。(今回はとくに活躍しません)

初任務を終えて

前回、初任務を終えたアスタ達。謎の敵を倒すことに成功しましたが、マグナの大切な村長さんは間に合わず……。
しかし、しんみりしても爺さんは生き返らない――騒ぐことが大好きだったという村長さんのために、マグナ達は笑います。

村長さんは助けられなかったけれど、村の人達は護ることが出来ました。
その結果に対し、ヤミ団長は「お疲れ」と言います。

魔法騎士団には鑑識が存在していて、犯人たちの遺留品である懐中時計を調べたようです。
高価なもので、犯人たちは貴族かもしれない――ということ以外には何もわからず。

しかし、良い報告もありました。

星の数だけ活躍している

魔法騎士団は活躍に応じ、魔法帝から星が与えられます。
どれだけ結果を残したかという証明の証であり、各団はこの名誉の星を競っているのだとか。

トップの団である「金色の夜明け」は、70個の星を獲得しています。
しかし、アスタ達「黒の暴牛」はマイナス30。まさかのマイナスです。よっぽど問題行動が多いのでしょう。

そして、渡される初の給料。

「明日は休みにするからな。無駄遣いするなよ」

とヤミ。なんだかんだでちゃんと団長やってます。

初給料で買い物

アスタは初給料を教会へ送ることに。一緒に届ける手紙には、相も変わらずシスターへの愛が綴られています。
しかし、少しは自分のためにも使えと、バネッサ姐さんに言われ――。

アスタ&ノエルはバネッサ姐さんと共に、街で買い物をすることに!

他のメンバーも

 

・妹の元へ
・大食い
・ナンパ

と好き勝手に休日を謳歌。

「黒の暴牛」の服はやたらと目立ちますが、特に気にしないバネッサ姐さん。

壁をすり抜けブラックマーケットへ

ブラッククローバー 第11話「とある日の城下町での出来事」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

バネッサ姐さんに連れられ、アスタ&ノエルはブラックマーケットへ。

魔力をコントロールするアイテムを買うノエル。
見たことのない代物に興奮するアスタ。
セッケことフッハさんとも再会したり。

休日を楽しむアスタでしたが――。

そこにひったくりが登場。
駆け出すアスタ!

というタイミングで今回は終了。
ものすご~~くイイトコロで終わりました。

 

予告にまでフッハさんが出てきたのは予想外でした。
でもフッハさん、別に活躍はしてません。
扱いやすいキャラだからでしょうか。アニメで人気が上がるかもしれませんね。

隠された通路を越えると闇市に着く――というのも、実にファンタジー的で面白いです。

来週もフッハさんが出ます。
注目したいですね。

 

ちなみに、給料のシーンでゴードン先輩は「みんなと一緒に遊びに行きたいな」と言っていたようです。

字幕で確認することが出来ますが、実際に聞き取るのは困難な声なので、みんなから総スルー。というか、気付かれていません。

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。